スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン・レディーとの出会い

 一昨年のこの時期に、ちょうどお会いした麻雀プロがいる。それが、通称ドラゴン・レディーとも言われる初音舞さん。

 私が本当にたまにいく、カフェパン
ダっていうフリー雀荘の大会に招かれていたの。
 アルバイトがその日にあったから、大会には申し込まず、行く気はなかった。今夜は役牌バックが出場するのは知ってたけど。
 ただ、偶然にもその大会の前日に打ちにいって、ゲーム代バック(女性場代半額なの)をしてもらい忘れてて、「取りに来てくださーい」ってメールもらったから訪れてみたの。

 初めてお会いするプロの方だったので、ドキドキでした。
 もともとカフェパンダの経営を始めたカナさんもプロだったらしい。実はなかなかゆっくりお話したことが少ししか知らないから詳しくは分からないけど、超かなさんと初音舞プロは仲良しさんでした!
 
 初音舞プロにお会いしたことは、私の中の麻雀プロに対する憧れとその現実への思いを確立させるきっかけの1つになった。いやこれは書かないけど。
 今日は、理牌とかなさんと初音舞さんのエピソードだけ書く。

 世界麻雀選手権で個人優勝した方の後ろ観。まずは、「後ろ観失礼致します。」って挨拶して、観戦。
 その日は不調なのか、負けがこんでたようでした。
 どれが正着なのかとかは、正直私はよく分からない。でも、1つだけ分かったのは、私が後ろ観し始めてから全て理牌してくれたこと。
 これは、私の中で驚きだった。
 さっと撫でるようにマンズの上下だけでなくソウズも綺麗に並べてくださった。

 その当時、私は先輩にマンズとかゆっくりひっくり返してるとそこにマンズ固まってるとか分かるから止めなって言われてたから、ビックリした。

 理牌を後ろ観してる人のために、私のためにしてくれてる。それは、初音舞さんがプロだからなのかな?
魅せる麻雀とかでなく、麻雀を真摯に見せる感じ。
 まず、その姿勢が素敵でした。

 私も人見知りで臆病で、聞きたいこと聞けなかったのが悔しい。私、オーラスで跳満ツモでいいってときだと、役の複合ももちろん考えるけど、一昨年は跳満作るならチートイ!って信じてて笑
 初音舞さんにオーラスラス目のときの戦い方をお聞きしたかったのに、声がでなかった。
 これは、反省してる。

 まぁ、時間もなかったので一半家だけ観戦して帰る。
 そのときに、かなさんが見送ってくれたんだけど、私が帰る準備をしてるときに、かなさんに対して初音舞さんが話してるのがたまたま聞こえてきた。

 「あの子に下手な麻雀見せてごめんって伝えて。」って。

 胸がキュッとした。確かに負けてたし、打牌選択もときたまぶれてるよたいには感じてた。でも、プロはプロ。自分を信じて打った牌に間違いはなくて。
 それとも、観戦早く切り上げたの気にしたのかなぁ?とか余計な心配までしちゃった。
 
 そして、かなさんが見送ってくれるときに一言。
 「また遊びに来てね!」って。

 初音舞さんの言葉は伝えてくれなかった。もしかしたら、私が聞いてたのを知ってたのかもしれない。いや、ただ伝えなくてもいいと思ったのかなぁ?

 もしかしたら、かなさんは初音舞さんのイメージを、麻雀プロのイメージを守ろうとしたんじゃないかなぁ?とも思う。

 何をもってして、プロとアマを分かつのか。麻雀の強さってなんだろうなぁ。ってのも同時に考えさせられた日でした。

 ちなみにその日のアルバイトは、ちょうど新中学二年生の春講習。私が大好きなbe動詞と一般動詞の復習だったのも、今でも覚えてる。

 風邪辛いので、早く寝ます。
ではでは、さらばです。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。