スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負の世界は苦しいけど、それゆえに楽しいね

 比嘉さんのゲスト行ってから、μ道場in天満橋に行ってきた。

 比嘉さんのゲストは2221でイイ感じで。

 場所が分からない…って思ってたら、さいちゃんが案内してくれて。いやーイイ子だなぁ…(*´ω`*)

実際、彼がいなかったらμ道場たどり着けてなかったでしょう…

ありがとう。

 

 天満橋 ローソンの隣のビルの3階。

 エレベーターから降りたら、ヴェストワンカップでお会いした、加藤さんと松井プロがいらっしゃった。

  初めての場所は、いつだって緊張するけど、しばらくすると我々クラスの方や、他の団体の道場でお見かけした方、ブッキング青葉でお会いしたがいらっしゃって、だいぶ緊張もとれた。

  今日はたまたま大会の日だったらしい。

 一半荘目は普通に道場。そのあとニ半荘と三半荘が予選。そのニ半荘と三半荘で上位四人で時間無制限の決勝。

他の人は通常通り道場。

道場は順位とりの麻雀。

ラス確定のあがりは許されない麻雀。

 女性四人で卓がたった。

 「レディースオープンもこんな感じだろうなぁ」って思いながら卓についた。

 東1局 子のときに、上家の八順目ダマチートイタンヤオドラ2に6pぶっささってからのスタート。

 それくらいのことなら、メンタル折れないけど洗礼をくらった感じはした。

 赤なし一発裏なし、カンドなしの麻雀で満貫放銃は、とても辛い。

 ラスりました……

 悲しみ。

 いやいや、ニ半荘目からが!って思って、大好きなエナジードリンク味のゼリー食べてエネルギー補給して、さぁ対局。

 いきなり小田ツアー選手と同卓。

逆に落ち着いてしまった。

最後、三着目からきちんと逆転の手をツモってトップ。

+22.9

 三半荘目は、我々クラスの柴田さんと同卓。

この方が強いのは、いやってくらい知ってる。

なんとか、彼の親を落としたいって思いながらも、連荘される。

 知ってるんだ……強いんだもん。

 なんとか、2着で終了。

 +6.7

 ちなみに、μルールは3万点持ちの3万点返し。

オカがない。

ウマは

+12

+4

△4

△12

っていうルール。

 素点がとても必要になるルール。

 「1、2の順位なら決勝いけるんじゃないかしら…」

 って思ってたら、決勝いけました!

 上から

小田ツアー選手 +59.4

さいちゃん +49.2

くろべー +29.6

Hさん +21.4

私の勝利条件は「Hさんを2位にして、小田ツアー選手、さいちゃんをラス3位にして、素点のあるトップ」

 Hさんには振り込んでもいいが、他の二人はダメで、Hさんからは見逃してでも二着にしたり、なんかもー色々考えて考えて対局してた。

 正直、超楽しかった(*´ω`*)

 手組もなんかWSOMのときみたいに組んだり、色々試して、本当に楽しいけど、苦しい半荘だった。

 そして、オーラス。

さいちゃんに小田ツアー選手が三万点持ちで、だいたい2000点も離れてない感じで。Hさんは三着目。くろべーがラス目で。

 決勝なので、オーラスの条件を確認して。

 条件、残ってたから良かったし、それにいけそうな配牌ももらってたから、一直線でいけた。

 まぁ、国士なんですけどねw

 それでも、四暗刻の目ってほどじゃないけど、それも考えながら打ってて。

 11順目くらいで1mが枯れたから、そのあとはテンパイとりにいこうと思ってチートイに変化して。

そしたら、Hさんからリーチの声。

表ドラの枚数や他のことを考えてて、実は私も気がついててし、

観戦者の空気も、同卓者の空気も変わった。

 この決勝は、優勝しか意味はない。

そのリーチは、条件は満たしているのかなんて、

嫌な予感しかしなかった。

 苦しいね。

 その方のあがりは満貫だった。

条件を満たしていない、あがりだった。

 放銃したのは小田ツアー選手。

そして、自動的にさいちゃんの優勝になった。

  後味の悪い対局になってしまった。

 苦しい。

 当然、観戦者や同卓者の指導がその方に入る。

ああ、苦しい。

 皆に責められて、然るべきあがりなのかもしれないが、

すごくすごく、苦しいから咄嗟に

 「難しいですよね、苦しいですよね」

ってフォローしてしまった。

そのフォローができるのが、たぶん道場に初めてきてて、ほとんど部外者みたいな私しかできなかったんじゃないかななんて打算的にすぐに反射で考えてしまうのは職業病かもしれない。

もちろんそのあがりが正しいことだとは、私も思わないが、

あまりに責められるのが可哀想に思えてしまったのだ。

 「みんなで、条件を確認したじゃないか!」って言われてる方もいたが、その言葉で私は2015年の中部地区アマチュア代表戦の決勝で配信の前に矢後さんに言われた言葉を思い出したよ。

 「裏裏は条件に入りません。きちんと考えて打ってください」って。

   あがっちゃいけない条件はあるなら、条件を提示するときにもっと分かりやすく伝えるべきだったのかも知らないなぁ…なんて、あのとき矢後さんの言葉は分かりやすかったなぁ、なんてぼんやり考えてた。

難しいね。

 結構、健康麻雀と競技麻雀をごちゃごちゃにして認識されてる方が多いけど、実は違う。

 条件を満たすために思考するのが楽しいのが、競技麻雀。

 あがって、ワイワイできて楽しいのが健康麻雀。

 どちらもそれぞれ違って、それぞれ面白い。

 知ってるから、よりツラかった。

 ただだだ、「勝負を壊すな!」って怒りの感情しか生まれなければ、楽なのに、そのHさんの気持ちも分かってしまったし、周りの方々の気持ちも分かるしで。

 本当に苦しいね。

 でも、こんなことがあったってことが、これからまた麻雀してく上で、糧になるんだろうなって思う。

 なんかグダグダ結局書いてるけど、条件戦は難しいけど、それゆえに楽しいんだと思います。

 「また土曜日、いらっしゃいね!」って私と2回り年上のお姉さま方がとても優しくしてくださったし、いつも競技麻雀の皆もいるから、また行きたいなぁ……

 でも、くろべー、基本的に土曜日仕事なんです…

 

 対局終わったあと、スマホ見たら仕事のメールと電話きてて軽く凹んだ。

 年収三分の一に減るかもだけど、麻雀のために転職しちゃう?なんて、考えちゃうけど、そしたら、今みたいにガンガン大会とかでる参加費ないだろうし、悩ましいね。

 いきるのたいへん。

 正直、レディースオープンも仕事が当然あるのを、三ヶ月前から休暇申請してるけど、ぶっちゃけ危ない。

 なんて、余計なこともつらつら書いてますが、

今日は本当に勉強になったなぁ…

 おうちに帰ったら、もう一回反省会しよ。

 ではでは、さらばです。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。