スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと東京まで(その3)

2月10日 遊図にて
面子 福地誠先生(ゲスト)、野々宮くん(天鳳8段、学雀連代表)、今夜は役牌バックくん(天鳳7段、とある国立大学麻雀部部長)、るりね(天鳳4段)

遊図のルール(鳴き祝儀、一発裏赤、青ドラ、白ポッチあり)
5-10-20

るりね 1-0-1-1 約▲50

筆記用具を忘れたため、ポイントが不明です(´・ω・`)ザンネン

福地先生にお会いしちゃいました!!!!やったね!きゃーーーー!ってテンションを隠すのが大変でした。サインもらっちゃいました(*´▽`*)「結婚は2確ぞ!!」って言葉でした♪ちなみに男性だと「結婚はラス確」らしい。

ファンというよりは、尊敬してる方なので、本当に良かったです。
私は文章を書く方がそもそも好きで、特に難しい内容を分かりやすく書く人が好きなんです。京極夏彦さんとか森博嗣さんとか。
福地先生の麻雀の本だと、例え話が好きです。本当に分かりやすくて。


ってことで、緊張してたので打つより後ろ観をしたかったのですが、先に座ってたお客様の「打つの打たないの?」という言葉に条件反射的に「うちたいです!!」と答えてしまったのは私です。
天鳳7段の、らったったくんの方が間違いなく巧いのに、私が卓に入ってしまいました。
でも、らったったくんが後ろ観してくれたおかげで、打った後に色々教えてもらえたから良かったってのもあるけど。

反省点の多い麻雀を打ちました(>_< )
まず、点棒状況を把握できてなかった。それに、何したいの?っていう手組で打ってたし、牌理ミスが多かった。
あと、一発裏赤のときの癖が治らないのも致命的。
「もうオリる」って決めたら、反射的に一発消す鳴きいれてしまうんです。
緊張してても、癖がでるのはなんだか微妙でした。
まだまだ色々課題があるけど、一番ダメだったのは、流局時、相手が聴牌で倒したときのあがり待ちの確認ができてないこと。その場で聞けば良かったんだけど、私のハイテイで捨てた6ピンであがれてたんじゃない?って聴牌が1人いたと思う。その場で聞けなかった私、良くないや。

反省点の多い麻雀でしたが、超楽しかったです!!!!!
福地先生、素敵メガネダンディーな方でしたし、野々宮くんはいつもの通りカッコいいし、役牌バックくんは青ドラに釣られて面白いことしてたし。

麻雀の後、ご一緒にビールも飲めて、ハイテンションでしたー( ´艸`)
緊張して、味なんて分からなかったけど。
色んな話が聞けて、貴重な体験でした。
ありがとうございましたって心から叫びたかったです。

その後、皆で野々宮くんのところに泊らせていただき、次の日の昼に、彼イチオシのチカラ飯という美味しいご飯を食べて帰ってきましたー。
素晴らしい2日間でした。

また今度、仕事が落ち着いたら全力で遊びます。
仕事といえば、私も女なのでできれば若く見られたいため、野々宮さんが福地先生に「大学の麻雀部の繋がりで遊びにきてる人たちで」って紹介してくれたのは嬉しかった。あわよくば、花の女子大学生に見られたい!!!と思ったので、断定的表現は避けて(嘘はよくない)通せたーと思ってたら、普通にTwitterで大学生じゃないってバレてしまいました(*゚ロ゚)
残念。

麻雀部ですらないのが、また苦しいところ。麻雀好きな社会人なだけなんです。

ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。