スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎上癖


ほんとうは、リアトラの楽しかったことを書こうって思ってたけど、またそのうちにします。


なんで、Twitter炎上しちゃうんだろう?って考えてたら、伝え方なのかなぁ……ってモヤモヤして。

とりあえず、ブログでアウトプットしとく。


麻雀配信される方々の大変さは知ってるつもりではいる。
何度も配信してるから、現場もみてる。

打牌にあわせて、カメラを切り替える大変さとか、設備とか見てる。



配信されて解説される楽しさももちろん知ってる馬場さんとかに打牌解説してもらえるときとか本当に楽しかった。



リアトラで対局配信があるのは、実は知らなかった。ニコ生のタイムシフトがあったから、開会式とかはでるのかな?くらいでみてた。


今日みてたら、なんか開会式は当日楽しかったなぁとか思い出して、ニコニコみてました。


問題は対局が開始してから。

そんな、ガチな解説はもちろん私は求めてない。それでも、その場で対局されてる方々は『解説されてる。配信されてる』って思って打たれてると思うんだけど、途中でつのださんが入ってこられたのね。


ニコ生のリスナーはすごくすごく盛り上がってて。


解説された方も、解説をやめてつのださんとのトークに入った。


麻雀の対局は流したままで。


それは、それでいいのかもしれない。



でも、対局されてる方は『見られてる』って思って打たれてるんじゃないのかな……って。


結局、運営の配信のコンセプトがどこにあるかなんだけどね。


今見てくれてる『リスナー』なのか
今、対局してくれてる『参加者』なのか。


ゲストの人も聞かされてなかっただろうし、運営も考えてなかったんだろうってのは察しがついた。


でもね、察しがついたらダメだと思うの。
内部事情を察しろってのは甘えでしかないよ。




きちんと、参加費もらってやってるなら、どうするか決めないと、話にならないよ。




たんなる『大規模なオフ会』ってだけで、このリアトラを終わらせるのか、今後の麻雀界につなげる架け橋にするのか。



運営の意識次第で変わると思うんだ。


十年後、二十年後、まだ我々は天鳳をしてるのかって考えてみると、分からなくて。


なんかね、遠目から見てると『イヤイヤ』天鳳リアルトライアルやってるように見えちゃうんだ。




これは、私の色眼鏡かもしれないけども。



でも、そのリアトラとか天鳳とかのそもそもの対局者や参加者がいないと、廃れていくんだと思いますよ。


天鳳が廃れたそのときに、運営されてたあなたはどんな仕事をされてるんですか?

今の現状に甘えてないですか?


色んな大会のシードももらえて、執筆の仕事ももらえて……

それは、すごいことだと思うんですが、十年後もありますか。



リアトラの運営だけでなく、他のとこでも結構、気がついてて。





あの配信は誰のためのものなのか、どこで誰が話すか……って台本や打ち合わせをするの、そんなに大変なんですか。




仕事ととしての対価が足りないなら、参加費が足りないならもっともらえばいいとおもう。



ひとつひとつの仕事があなたの今後に、麻雀界の今後に繋がっていくのに本当にもったいない。




実際、リアトラの大会楽しかった!で次の日の競技麻雀の大会にきてくれてた人とかいたからね。


ってことを、直接話したかったんだけど、その前に解説されてた方の一言にどーしても『カチンっ!!』ってきてしまったのがダメだったんだろうね。


思い出したくもない。


その一言だけで、ここまで機嫌悪くなる私も大概だし、その一言は確かに間違いだったって本人もおっしゃってたけどね。


はぁー


超炎上癖ついてるから、もう少し考えて行動します。


ってか、『偉そう』とかよく言われるけど、きちんと参加費払ってそれにあうものを提供してもらおうと思うのは当たり前ではないのかな?


運営されてた方の今後なんて、彼女でも嫁でもないからどーでもいいんですが、ファンとして、麻雀界の盛り上がりのために、書いておきます。


押し付けがましいとかなら、聞かなきゃいいし、見なきゃいいと思うしね。


ではでは、おやすみなさい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

僕はリアトラ不参加の視聴者でしたが、つのださんや就活生さん、ゼロさん、福地さんなどのトークが長時間聞けて非常に見ていて楽しめました。ゆうせ~さんがツイッターにあげていたコメント欄の画像からも明らかなように、視聴者はあの放送に限っては対局の詳しい解説など求めてはいなかったと思います。確かに準備不足でグダグダになった部分もありましたが、方針としてそこまで大きく間違えてはいなかったのではないでしょうか。解説しないなら放送しなければいいというのはさすがにちょっと言いすぎです。対局を流しながらのトークというのも選択肢の1つとしてアリだと思います。

あなたは馬場さんに打牌解説をしてもらえたときの嬉しい記憶が強く残っているため、「解説してあげないと失礼だ」との思いが強いのかもしれません。しかし、対局番組というわけでもないあの放送を見て、実際に「どうして自分の打牌を解説してくれていないんだ!」と怒っている天鳳民がいるのでしょうか。「配信卓では打牌が解説されます」と事前に約束があったわけでもないんですよね?

当日麻雀を打って十分楽しむことができたのなら、参加費を支払った分は回収できているのではないでしょうか。当日参加できない人向けの配信までご自分の思い通りでないと気が済みませんか?正直、有名プレイヤー以外誰が打っているかもわからない対局を何時間も延々と解説されても視聴者はおもしろくありませんよ。つのださんとのトークなどがより強く望まれている状況ならば、そちらを優先するのは至って自然だと思います。「その場で見ている数千人の視聴者を置いてきぼりにしても、参加者が後からタイムシフトを見て楽しめさえすればそれでいい」という配信姿勢こそ、イベントをより閉鎖的なものにしていくような気がしてなりません。

自分は1人の天鳳ファンとして生放送を見てました。自分は麻雀対局というよりもTwitterでしか知らない人が放送に出てきて話をするというのが面白いなと思いましたし、対局を見たくて視聴する人ではなかったので自分個人としては非常に楽しかったです。打っている人も自分の打牌をプロのように解説して貰えれば嬉しいとは思いますが、視聴者がそれを求めているかというとそれは微妙なところなのではないかな...放送は別に参加者の為のモノではないですから。参加者は参加者で視聴者は視聴者の楽しみ方があるのではないかな...?と自分は思います。それに全員が全員上手いということもないですし、それを1つ1つ解説するというのはまた問題があるのかなとwそれより途中から放送席を独占状態だった学生...?みたいな方がいましたが私はそちらの方が非常に残念でしたね。もっと色々な人を見たいなと...結局2.3時間ほど独占されていなのでそこの部分が自分としては非常に残念で仕方ありませんでした。

No title

あなたみたいな特にうまくもない一般人の打牌根拠なんて視聴者は興味無いと思いますよ

非公開コメントをして下さった方へ

コメントありがとうございました。
確かにおっしゃる通りだと反省致しましたので、変更させていただきました。
アドバイスありがとうございます。

ななしさんへ

ななしさん、コメントありがとうございます。

 そもそもあの配信が「誰のために」されているのか分からないから、私はやらなくていいと思うのです。

 ななしさんは僕はリアトラ不参加の視聴者さんで長時間聞けて非常に見ていて楽しめたとコメントされていましたが、それはゲストの土壇場のフォロー力のためだと思います。
 もし、あの放送が参加されていない方でも楽しめるものと最初から考えられているものであれば、一人きちんと「配信放送のため」の「進行役」をおき、台本を作るべきです。

 また参加されている方のためであれば、対局を流している間はきちんと解説するのが筋だと私は思います。

 今回のは、「誰のための」配信か結局わからないまま、ぶっつけ本番でやられていました。

 対局を打った参加者のなかに私の知人がおりましたが、やはり見かえした時に「自分の打牌をどんなふうに解説されているのか」とウキウキしながら見た方もいます。


ました。ゆうせ~さんがツイッターにあげていたコメント欄の画像からも明らかなように、視聴者はあの放送に限っては対局の詳しい解説など求めてはいなかったと思います。確かに準備不足でグダグダになった部分もありましたが、方針としてそこまで大きく間違えてはいなかったのではないでしょうか。解説しないなら放送しなければいいというのはさすがにちょっと言いすぎです。対局を流しながらのトークというのも選択肢の1つとしてアリだと思います。

「配信卓では打牌が解説されます」と事前に約束があったかは私にはわかりませんが、そもそも解説も何もないなら個別の撮影卓を準備する手間や移動が必要ないのです。きちんと誰のための配信か運営が決めていれば。

「当日参加できない人向けの配信」なら当日のゲストを配信要員にするのはおかしいと思いませんか。
 
 私は思い通りにならないから怒っているわけではありません。

 何のプランも指針もなく、配信すればいいやで当日の同卓希望者のあるゲストを司会や配信要員に借り出して、対局を撮影してながせど無視してトークするような、運営の意識に怒っているのです。 

 もし、参加されていない方のための配信なら「配信要員」を一人きちんと決めて、最初から対局なんて配信しなければよいのです。

 「対局を放送する」としているなら、打っている方々は解説を意識して打たれていると思うので、きちんと解説は解説でしていただきたかったです。

 解説されてると思って打たれている方にあの配信は不誠実です。しかし、
視聴者のためならトークを優先するのは分かります。しかし、運営は何も考えないであの放送をゲストにまかせっきりにした、その仕事の甘さに私は憤りを感じてやみません。

嘉門之介 さんへ

嘉門之介さんへ

コメントありがとうございます。

確かにおっしゃる通り、全くしらない人の麻雀を観るのは苦痛かもしれません。それならTwitterでしか知らない人が放送してトークされているのを観る方が「リアトラ」感がでていいと私も思います。

 そのため、今度のリアトラ配信が「参加できなかった方でも楽しめるもの」というコンセプトを運営が意識して、台本を作って、配信用の要員や司会もきちんと用意して提供してもらえればと思います。


嘉門之介さんが気になったとおっしゃってた学生風の方は、本人も出たくてでたわけではないと思いますよ。

 リアトラのゲストが、リアトラの参加者と麻雀同卓希望等で借り出されてしまい、配信する方がいなかったから、なんとか場をつなごうとした有志だと思います。


 そのような、参加者の協力のもとになんとか成り立った配信だったので、私は幻滅したのです。

 やるなら、「視聴者が楽しめる」または「参加者があとから見て楽しめる」どちらかのコンセプトをきちんと運営がもって、来年はやってほしい次第です。

 コメントありがとうございました。

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。