スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自然とともに」



春になれば花が咲き、秋になれば、葉は枯れる。草も木も野菜も果実も、芽を出すときには芽を出し、実のなるときには実をむすぶ。枯れるべきときには枯れゆく。自然に従った素直な態度である。
そこには何の私心もなく、何の野心もない。無心である。虚心である。だから自然は美しく、秩序正しい。


困ったことに、人間はこうはいかない。素直になれないし、虚心になれない。ともすれば、野心が起こり、私心に走る。だから人びとは落ち着きを失い、自然の理を見失う。そして出処を誤り、進退を誤る。秩序も乱れる。

時節はずれに花が咲けば、これを狂い咲きという。出処を誤ったからである。それでも花ならばまだ珍しくてよいけれど、人間では処置がない。花ならば狂い咲きですまされもするが、進退を誤った人間は、笑っただけですまされそうもない。自分も傷つき、人にも迷惑をかけるからである。


人間にとって、出処進退その時を誤らぬことほどむつかしいものはない。それだけに、ときには花をながめ、野草を手に取って、静かに自然の理を案じ、己の身の処し方を考えてみたいものである。』


(『道をひらく』松下幸之助著 1968 p18)



最近、人を傷つけたり、軽んじたり、失礼なことばかりしてるから、原点に戻ってみる。

SNSとかTwitterにハマって長いけれども、その前提の人となりができてないって思って。


しばらく、離れて本読んで、自然とともに生きて、人間として自分を見直してきます。


ではでは、さらば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。