スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日に読みたい単行本


「堕ちる」 林由美子著 宝島社文庫 2012

たまたま、居間にあった本。母が空港で手持ちぶさただったときに購入したらしい。

「すぐに読めるし、面白いわよ」

確かに、北海道から東京までの飛行機内で読めたが、それは本の文章の量ではなく、ただただ息をつかせぬ面白かったからだ。

自宅から見知らぬセーラー服を見つけた主婦の話。


帯の紹介もいい。
「読了までの1分間で急激に体温が下がるのを感じた。」


実際、私も読み終えたときの体温と顔色は氷点下なみに冷えた。

それと同時にここまで書き上げた林由美子に感激した。

ただ、読むのがつらい。
読みたいのに、心をえぐるかのごとく、つらい。
共感できるところばかりで、全身をかきむしりたくなる衝動。

面白いほど、膨らむ不安。


いやー、、、これは木曜日に読んで欲しい。特に夜。

読めば、なにかしら沈むというか思うとこあると思うから、木曜日に読んでほしい。

金曜日の夜だと土日が憂鬱になる。

土日に読むと月曜からの活力がなくなるかもしれない。

月曜から水曜だと、あと数日仕事なのがイヤになる。


木曜日をおすすめします。


あと、49pから50pにかけてのセックスの表現は特に印象的です。
ここまででも読む価値ある。


東京でこのまま、友達にあげようとか考えててつらつらと書いただけです。

ではでは、さらばです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。