スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこたに引きこもる(麻雀大会の回顧)

こんにちはー
今日は、お休みなのでおこたと共に過ごしてます。
うにゃらー、へにゃらーって感じにダルダルしてます。

パソコン整理してたら、自分と友達がサークルに宛てたコメントや資料を発見した。
副会長の私は、主にサークルの麻雀大会の企画してたから、その資料が大半。
会長の友達が「52人ババ抜き」を始めとする、新入生獲得のための活動や、サークル室の獲得に至る資料。

懐かしくて、テンションあがった(*´▽`*)
テンション高いし、時間があるので、つれづれと過去の話を書きます。


卒業してから、サークルの方にもちょくちょく顔出してるけど、麻雀大会やリーグをちゃんと伝統として残してくれて嬉しい限りです。

ちなみに大会っていっても、大学内だけでやる奴だから、小規模運営なものでした。
第一回は、他のサークルとの交流大会。野球サークルは、野球のユニフォーム。オタクサークルは、コスプレとかして、8サークル対抗戦。
第二回、第三回、第四回は後輩に運営してもらい、私が一番頑張ったのは第五回の麻雀大会。64人16チームのもの。

一チーム大将、副将、次鋒、先鋒の4人。抽選で決まった四ブロック(春夏秋冬って名前で分けた)から4人の合計点が高いところのチーム四組で決勝。

今、資料みて驚いたのは64人も当時サークルにいたってこと。

あと、鮮明に覚えてるのは、私の好みというだけで「女の子はコスプレ、またはスカート、それか浴衣」縛りにしたところ。
もちろん私も「役満あがれそうなスカート」を着てたのを覚えてる。

大会の目的は二つ。一つ目は「新入生が上級生と仲良くなること」。二つ目は「新入生の麻雀慣れ」。
一つ目は、わざと大将副将を上級生にして、次鋒、先鋒を新入生にしたので、上手くいった。作戦たてたりするのに、集まるから。
二つ目も、大将副将が自分のチーム強化するために何度もセットで打ってたりしてたから、思惑通りだった。

楽しかったの。私は、今でも参加してた子たちの顔も名前も覚えてる。
みんな、大切な後輩です。


だから、正直いうと

麻雀部が設立したとき寂しかったのも確かなのです。

エゴですが。できれば、私のサークルで麻雀を広めて欲しかったから。確かに他のボードゲームも遊ぶサークルだけど。
私のサークルで出会って、意気投合した子たちの多くで構成された部活。
サークルの設立した本人からしたら、胸が張り裂けてしまいそうな衝撃でした。今は、そんなことないけどねー。
でも、私はあくまで麻雀部ではないことを急に主張したかったの。
夢に「麻雀界」って雑誌がでてきたからかも。
私の作ったサークルとは縁遠いやーって強く思ったから。
でもでも、麻雀部の子たちも超好きだから複雑だよねー



昨日ね、上記の大会で新入生で副将以上だと思ってた、まぁ麻雀部の部長とご飯食べてたんだけど、結局麻雀に対するスタンスが違ってるんだよねーってことをそれとなくお互い再認識したの。

Twitterでもね、「ノーレートで麻雀して何が楽しいの」みたいな話もチラリと見たけど、結局「みんな違ってみんないい」ってことなんだよね。
うにゅー、私は自分の先輩達にそういう怖い人が多かったから、だから自分の麻雀できる場所=サークルを作ったけど、それができるのはあくまで小さな枠組みの中(大学)にいたからで、もし、麻雀を広めるならば、日常の世界に広めるなら、どれだけの時間と労力が必要なのか、末恐ろしいです。
ぼっけぇきょうてい?ってニュアンス。

ダラダラ書いたけど、結論は…

私は、ギャンブルではなく、麻雀がしたいんです。


ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。