スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前

 仲良くなるには名前で呼び合うことって、中学二年生のときに学んだ。ホームステイって心細くて、フィリピン系のホストマザーにクッキーのことで怒られた思い出しか残ってないけど、身をもって名前で呼び合うことの大切さを知ったから良かった!

 新入生歓迎会の時期ですね!飲み会うらやましいなぁ…
 今が人数的にピークなんだろうね。そして、少しずつ減っていく。減っていくの、なぞだけど、たいてい減ってくよね…

 新入生が70人入った年のことをちょっと、書きます。その年に入ってきたのが、麻雀部の部長とかニコバンちゃんの世代。
 ちょうど内定をこの時期にもらってた私は、麻雀ばっかりしてた(*´▽`*)だって、内定もらうまで麻雀しないって願かけしてたから、ずっと麻雀してなかった反動で。

 70人近く入ると一番大変なのが、連絡をすることと、名前を覚えること。

 自慢にもならないが、私は一度に20人なら名前の暗記、なんとかなる。集団塾の講師をやってたせいで、名前を覚えることになれてたから。

 中学生向けの塾の授業は基本的に生徒にどれだけ好きになってもらえるかが、大切だと思う。その教科はもちろん自分を。
 初見のクラスで授業するときには、まず出席で名前を覚える。その次に、授業内容を説明しながら、名前を呼んで質問する。もちろん名簿なんか見ないで、その子の方を向いて。

 初見なのに、名前を呼ばれると子供たちはビックリするけど、呼ばれると嬉しいのかたいてい答えてくれる。
 いや、答えやすい質問しかしないんだけどね。

 クラスの何人かの子供たち答える雰囲気さえ作れば、あとは勝手に授業聞いてくれて、メモとってくれて、ワークとか解いてアウトプットすれば、授業終了。
 宿題と次回の小テストで確認って感じ。

 新入生歓迎会も同じだと思う。まずはとにかく新入生の名前を呼ぶ。分からなかったときとかは、もうね、クイズにする。

「ちょっと、待って!君の名前は…ヒント!最初の一文字!!」

 覚えられないときは、勝手にあだ名をつける。

 「あ、なんかシベリアンハスキーみたいだから、ハスキーって呼ぶねー」とか。

 とにかく、名前を呼ぶ。そして、参加するように促す。そうすれば、自然と減ってかない。いや、少しは減るけどね。

 でも70人入ったときは6月に56人で麻雀大会やったから、やっぱり秋までに20人くらいしか減らなかった。半数は残ってくれたから良かったよね(>_< )

 なんか、少し前のことなのにもう一年以上前のことでちょっと、淋しいなぁ。

 私の後輩らしい後輩は役牌バックの代で終わりだけど、彼らには新しく後輩ができて、先輩になってくなんて信じられない。

 できれば、少人数でワイガヤやるんじゃなくて、サークルとして部活としてでも全体的に仲良しになってくれればいいなぁ。。。

 そして、たまーにでいいから、麻雀誘ってくれたらいいなぁとぽへーと思います。

 いや、どうせ誘われるの待てなくて誘うんだろうけどね。

 そういえば、GWの予定考えてない!今日、大好きな麻雀荘の営業メール?的なものでGW近いの知った!

 横浜に遊びに行こうかな?

 ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。