スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀のレッスンプロ


半年くらい前から『麻雀のレッスンプロの資格とって、テキストが欲しいんです』なんて話を聞いていて。

誰に聞けば分かるかなぁなんて、思い出したようにブログに書いてます。


教室を開きたいとかではなく、テキストそのものが欲しいらしい。


サイト見たら2014年の2月しかヒットしなくて。



どなたかご存じの方いましたら、教えてください。


私は受験しませんが、知り合いの子で麻雀をどう教えるか模索してる子がいるので、教えていただけると嬉しいです。


ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

優しい嘘をつかれた



「ここ、閉店何時までですか??」

って、本日19時50分に急いで入ったお店で、一人でポツンといる店員さんに聞いた。


『21時ですよ(^-^)』


って答えてもらえて、ホッとした。




買いたいものがあって、でもなかなか時間とれなくて。


仕事終わってダッシュできた専門店。




選びながらも、頭のなかのどこかで(ここ20時閉店じゃなかったっけなぁ……)なんて思いつつ、吟味する。




途中で、電話で相談しながら、買いもの。



結局、一目惚れしたものにしてお会計した。







さっと、帰っても良かったけど、たまたま電話で話しててそのまま、店の近くにいた。



電話が終わって帰ろうと思ったら、『21時閉店です』ってさっき聞いたお店が閉まってる。


時計を見ると、20時30分。






優しい嘘を久しぶりにつかれた。



答えてくれたお姉さんの優しさで、ほっこりした。



ってことで、買ってきたバックに少しずつマカオの荷造りしてます(*´ω`*)


向こうは20度くらいあるらしいから、今年の麻雀でわりとよく打ててたときの服をチョイスしても、着られるからツイた。



変圧器とかは、やめた。
借りれるだろうし……



久しぶりに海外いくから、浮き足たってる。

どなたか、なにか海外にいくときに持ってていいもの教えてください……m(._.)m




なんか、この前の東京の練習のときに『お菓子』や『カロリーメイト』をもってくといいよー!って言ったけど、本当かしら……



ではでは、さらばです。

コンビニのトイレからでたら、いきなりジバニャンに出会った話


昨日、新宿の動物園っていえば分かるような雀荘でセットする前に、その下の階のコンビニでトイレを借りた。


化粧も少し直して、トイレからでたらいきなり


『くろべーさんですか??(*`・ ・´)?』

って愛らしい女性に声をかけられた。





トイレからでて、すぐですよ。



それが、ジバニャンってあだ名の女の子との出会いでした。


とある天女杯やらなんやら企画するのが好きな男性に仕組まれて、コンビニのトイレの前が出会いの場所とはなんてことはない、なんてこったですよ……



あ、普通にいいこでした(*´ω`*)


動物園の雀荘に、今日で4日目のセットなんですーってとこで、好感度高い。


麻雀好きな女の子は、間違いなく私は好きだ。



天鳳若葉ルールで、セット。
途中からは、四人のうち二人分はあけて、もう二人はあけずに、牌理や役とか、どう打ってくか構想を話ながら麻雀した。


楽しい(*´ω`*)



なんか、メチャメチャ久しぶりで、超楽しかった!


『7ピンのポーズ!!』とか適当なこと言ってたら、本当に7p待ちだったりもわらたw




何より、真剣に麻雀勉強会した(о´∀`о)

満足!!




今度はどこで、ジバニャンに会えるかは分からないけど、ぜひまた麻雀したいな……




ではでは、おなかいたいので、さらばです。




WSOMの勉強会のために東京にいった


ハードスケジュールな2日間でした笑

23日 昼 スイパラオフ会 in 大阪
新幹線で東京へ
三田祭で戦術本を買いにいく
渋谷のロッソで、WSOMのセット


24日 動物園で、通常ルールのお勉強会セット
赤坂でWSOMの勉強会


今、新幹線です!


仕事のときより疲れてない( *・ω・)ノ元気!!


WSOMについては有益でした。
特に鳴き方とさらし方、点数の表記の仕方や選手の組み方は知れて良かった。


匠さんと話してた戦略を頭に浮かべながら打ててた。

やはり、四人で打つのは全然違った。


見えてる情報が多くて、分かりやすい。
日本人同士だから、意図もわかりやすい。


けど、あまり頼りすぎるのもよくないんだけど、匠さんが考えてくれた指標を実践してたらなかなかいい感じだった。

(自分で思い付かないとダメですね……ほんとは……)



漫画の世界の人に一日で二人お会いできて、本もだしてるAリーガーの方と、話したり打てたり。

天鳳位二人いらっしゃるの、すごいな……ってみてたり。



刺激になった。
あと、わりと戦えそうな感触も掴めた。








一番驚いたのは、匠さんが考えてくれたシャンテンと点数と順目の指標が、とあるAリーガーと同じだったこと。




通常の麻雀が強い人は、たぶんどんなルールでも強いんだろうなぁなんて、切実に思う。






日本にない役もきちんと見れてきたのは嬉しい。
風牌と、数牌のカウンティングも、前よりできてきた。


今回、参加して本当に良かったなぁなんて、マカオにまだ行ってないのに思ってる。




確実に1ヶ月前より私は麻雀が好きだ。



自己承認欲求とかでなく、すごく136枚の牌が愛しい。



どれだけ自分が何も考えないで麻雀打ってたのか目の当たりにした。



すごく、すごく楽しい。



24時間集中して麻雀打てる体が欲しいなんて、思うくらい麻雀したい。



とりあえず明日も6時に起きてとっとと溜まってる仕事やって、研修の準備したりしなきゃなんて頭で考えてるけど、それ以上にああ麻雀したいななんて気持ちで。

まぁ、理性が勝つので仕事するんですけど、ゆるされるなら麻雀してたい。



誰と打つとか、マナーとかレートとか関係なしに、初めて覚えたときの感覚で、ああ、麻雀したいな。




ではでは、さらばです。

三田祭


2012年がmjktの一回目 の模擬雀荘でしたか?

久しぶりに三田祭の模擬雀荘に向かってます。自由席座れました(о´∀`о)

初年度は、1卓2卓しか自動卓ではなかった記憶があるわ。
手積みで囲んだの、覚えてます。

彼らが好きです。麻雀にひたむきで。

たくさん彼らと絡みたくて、『対抗戦やろ!』って、それぞれの副代表に声かけて、でも結局やりたかった自分自身が仕事でいけないってやつやったりもしたw

ああ、まだ対抗戦やってるのかな?


なにはともあれ大盛況らしい、三田祭いきます。今からw

二代目代表さんとハイタッチして、戦術本買います。

たぶん打てないでしょう。時間的に。

でも、この目でどんな模擬雀荘やってるか見たいのもあって。




楽しみだなぁ。




ではでは、さらばです。

何切る WSOM チラシの裏のメモに

とある、有名な麻雀プロがあげてた牌姿


123p112567789s発発
2順目



どうするのか帰りの電車で悩んでた。
日本式の麻雀なら、もし点差とか条件なければ「これぞ、現状1300点リーチだ!!」って思いながら2sきって即曲げる。


WSOMルールだと、メチャメチャ難しいーーー


現状、1sきれば平和面前の 10点
一通だと40点
役牌は10点
ホンイツは40点

ちなみにリーチはないし、平和は待ちの制約も雀頭の制約もない。

一番最高目は「面前ホンイツ役牌イッツー」……?


2順目ってあるから、1sきっての10点をとりにいくのか、1度テンパイを崩してのだいたい40点をとりにいくのか。


1pがバランスが良いって意見もあるけど、どうなんだろう……

確かにバランスはいい気もする。
123s発を鳴ければないて40点50点にいける。


うーーーん。


私は、1sきって3sと4sだけチーで鳴いて(イッツー)発は我慢してすすめるかもしれない。

もちろん、対面と下家の3sはあがる。

今日、あとで聞くために私はこれでいきますって言おうと思って、メモしときます。


ではでは、さらばです。




初代の子たちが好きすぎる話



戦術書のあとがき:神芝居のブロマガ - ブロマガ


上記の設定ができてるかな?
おはよーございます。

昨日、Twitterでお願いしてすぐに『あとがき』をあげてくれた慶應義塾大学のmjktの初代代表に感謝感激です!


これ、戦術本のあとがき。


社会人一年目のときに、これを読んで衝撃をうけた。
大学1年のときに麻雀覚えて、真剣にやり始めたのは4年のときで。

ああ、なんでもっともっと真剣にやらなかったんだろうなんて。


慶應義塾大学の模擬雀荘。
ゲストも覚えてる。
学雀連の野々宮さん。

2卓だけが、自動卓。あとの2卓は手積みだった。


「ああ、楽しそうだなぁ」なんて、見てて。帰りの電車であとがき読んでさらに、胸があつくなって。



私も学生のときに、やりたかったなぁなんて。





ってことで、社会人4年目なんですけど、大人げもなく、昨日はとある大学の学祭のスタッフをやらせてもらってきた。

その大学の麻雀部、今年入学した子が立ち上げたばかりで。
初代代表がね、いいやつなんですよw




3月に会って。「大学に入学したらサークル作るんですよ!」なんて目をキラキラさせて。




申請の仕方とか、アドバイスはしなかったけど、もし学校祭に出店するなら国立は「5月」くらいから会議やらなんやらに出る必要があるとこもあるよー

調べなさいねー


なんて適当にアドバイスにもならないこと言ってたら、彼の仕事が早くて。


あっという間に、活動人数も増え、学祭での出店も決まってた。

一番驚いたのは、自動雀卓の確保だ。
彼の捨て身ではないにせよ、積み重ねってか、縁…………いや、運命的に確保できてて。


打ち合わせのときに、奴の頭をグリグリしたくなるくらい、自分の頭で考えて、即行動してて。



素晴らしいよね。



冒頭のあとがきにもあるんだけど、原動力が違いすぎるんだ。初代の代表って。


私はそんな学生さんみるのが、メチャメチャ大好きだし、全力で手伝いたい。

もちろん、私も学生のときにできなかった模擬雀荘をやりたかったのもあるけど笑


雀荘で働いたことがないから、フリーとかでよくきく、「ラスト、ありがとうございます!」とか言いたかって笑


大人げないんですけどね笑



でも、過度の干渉はしたくないから、今まで普段の活動には顔出さないで。たぶん今後もださない。
今回だけ。
今回だけ一緒にやらせてもらった。


だから、昨日初めて会った部員の子たちにも『来年は君たちだけだから、よく覚えてやるんだよー』とか言いながら、指示して。




もともと当日の学祭の運営のときに部員の数が5人途中で3人まで減ったこともあって、名前も知らない青色の帽子をかぶったメンバー経験のある男性や、とある素敵な迷彩のパンツをはいた麻雀プロが手伝ってくれたり、高校生にも見える怪獣の着ぐるみが似合う社会人の女性が手伝ってくれた。


ありがとうございます。


あとね、昨日わかったことなんだけど、実は代表よりも年上の学生さんの方が多くてw

「いや、一年目でやりたいっていうから、やらせてあげたかったんです」
なんて、前日徹夜で丸一日きてた子や、
「飲み会はさすがにいけないんです……実は英語の論文読んで書くレポートが明日の1限で……」とかいいながら、最後の片付けまできちんとしてた三回生とか。


代表、愛されてるなぁ……って思いました(*´ω`*)


あ、ちなみに代表の単位のことは部員の女の子がわりと本気で心配してくれてて、「きつく言ってください!」って言ってたのでキツく言いました。
春休みの集中講義とかで補えるとこは補いなさいねー早めに予約しときなねー


なんだかんだで、初めて会って、ああ良いチームだなぁなんてみてたから、初代の代表がいるうちは、たぶんこの大学は大丈夫そう。



心配してるのは、飲み会で一緒だった違う大学の副代表さん。



「人によくすすめられますが、本やマンガやまず、活字を読まないんですね!!」ってはっきりおっしゃってたけど、あぶないよー

すすめられたものを取り入れる素直さは、大切だし。

なにより、君、活字読まないってことは麻雀の戦術本読んでないだろ……

しかも、天鳳打たないの?ってきいたら「牌の感触がないと、麻雀してる気がしなくて。集中できないんです」って





「すごく運営が好きです!」

っていってたけど、君のために動いてくれる人は何人いるのかな?なんて聞けなかった。
君は運営に優れてるかもしれない。でも麻雀強いって他の子からきちんと認識されてる?
あなたについてきてくれる人は誰かいるの?





私が学祭手伝った初代の代表は、おそろしいくらい戦術本をきちんと読んでる。
そして、アドバイスをアドバイスとして素直に受け止める柔軟性がある。


なにより年上の部員の子がいってたけど、「麻雀を教えてくれるのは代表だけですから」って言葉にある通り、きちんと麻雀の実力も他の部員が認めている。


普通に、天鳳もR2200くらいある男ですから、もちろん、みんなついていきますよ。


ちなみに、フリーでも彼は強いですよ。
初代の代表がバイトしてる雀荘の店長さんが遊びに来てて言ってたよ。
『彼には店を任せられるくらい、頼りにしてますからね』っていうくらいの男だもの。


でもね、「運営が好き」っていって、今いる部員のことを思わずに全て上層部だけで決めて行動しようとするなら、誰もあなたについていかないわよ。


その子にも神芝居くんのあとがき、読んでもらったけど、伝わったのか分からないし、Twitterとかでも絡みはないし、そもそも関西の学生麻雀事情なんか知りようもないので、どーでもいいけど。



失敗して学べることもあるし、いっかー


すごい身内贔屓なとこもある私ですが、初代の代表にも昨日のことはお礼をいって、彼の作り上げたものには干渉しないことをきちんと伝えたし(*´ω`*)


これから、WSOMの練習だし!!!

わーーーー!ヽ(・∀・)ノ楽しみだなぁ……


ではでは、さらばです。


麻雀が好きなやつと、運営が好きなやつ


久しぶりに飲んできたー

大人げもなく、自分が学生時代に出来なかった楽しいことを満喫させてもらえて、本当に本当に嬉しい、楽しい、大好き(*´ω`*)


「麻雀が好きなやつ」と「運営が好きなやつ」をまじまじと見つめながらお酒を飲んできた。


ほどよい距離感を保ちながら見守ります。


しゃしゃり出る年でもない(*´∀`)




結局『愛』ですよー


なんて、言葉軽すぎるだろうし、失敗しないと分からないものだし。



一人では抱え込むなー


っておもう。





結局、麻雀の強さや価値観なんて人それぞれで。

まとめようとする方が疲れちゃうよ。


なんて知ったような口をしても、どこにも所属してないとそれはそれで寂しいだろうし。



陰ながら応援はします。


今日出会えた方々、共に時間を共有できた人々に最大限の感謝を。



関西、きて良かったなぁ。







自分の大学の後輩の子たちは、もう4代目かしら。
昨日と今日はどうだったのかしらなんて。


思ってみても、まぁ何も変わらないし、知れもしないだろうけど。


私は相変わらず、です。
すみません。


ではでは、さらばです。



昨日の続きのはなし(*´ω`*)あと、師匠の話!


WSOMのマッチポイントの話!
ってことで、月曜にやった練習はマッチポイントを導入してやった。

ここで、一緒に打った人がこんがらがるとあれなので書いとくと、

雀荘の堀北真希のごとき麗しい男性とその下僕さん。


冗談ではなく、堀北真希のごとき素敵な男性が「俺の下僕だから」って紹介してくださった。


分かりにくいので、堀北真希の方を「WSOMのルールの師匠」の意を込めて匠さん。
下僕さんをエムさんにしときます。


三人で四人のルールで麻雀。
ツモる回数を変えずに、いない人のところをツモ切りなどにしないで練習。



私の得点は(一荘目などの表記を①にします。また素点を「典」、マッチポイントを「p」と、表記します)


① 65点 (8p)
② △59点(△7.7p)
③ 328点(18.1p)
④ 65点(8p)

の合計399点の26.4p


となるんですが、匠さんがこの数字を並べたときに、スラッと話してくれたのが、

『じゃ、これで②のときの点数がもし、③で叩いてるの328点のうちの100点加点されてたと考えてみよう。合計は399点で変わらないとしても、実は大きくマッチポイントはかわる。』


ってことで、合計点をかえないで、取った点数をそれぞれの荘で+だったと仮定したら以下のようになった。


①65点(8p)
②41点(6.4p)
③228点(15.1p)
④65点(8p)

合計 399点の、なんと37.5p

同じ素点でも、マッチポイントにすると11.1の差が生まれる。



エムさんの点数は私のよりさらに著しい。


①685点(26.1p)
②△29点(△5.4p)
③△22点(△4.6p)
④320点(18.4p)

合計は、974点の34.5p

これを。もし①を685ではなく、485にして、②と③のマイナスをなくすと

①485点(22p)
②71点(8.4p)
③78点(8.8p)
④340点(18.4p)

合計 974点 でも、マッチポイントはなんと57.6p


同じ素点でも、マッチポイントはなんと23.1も違う。



サイトにも書いてあった通り、とにかく『すべてをプラスにするように』心がけることが、まず始めにありきってことなんだと、いたいほど分かった。


そして、これを即座に理解して私でも分かるように説明してくれる匠さんの頭のよさ。


ちょっと、本気で匠さんをマカオにつれていきたいけども、『がいこくこわい(((p''д`q)))鉛玉とか、いくら俺でも戦えないしなぁ』なんてとぼけて、はぐらかされる。。。


マッチポイント、これであってるのかしら?って関東のセットしてる他の参加者の方にお聞きしたいけど、遠くてあれ。

いや、大会の前日に運営にもう一度この数字をみせて、確認した方がいいかもしれないけど。。。


最初の4荘のあとは、条件をつけてやった。

日本と違って点数の表示はない。
これも、大会の前日に確認した方がいいけど、紙に書いて点数の移動はすると思うんだけど、大事なのは相手の点数ではなくて、自分が今素点何点なのか。


この局で何点あがれば、プラスなのか。


を頭で足し算引き算して、オーラス自分の条件まで見通して局をすすめてく。


麻雀覚えて最初の4年は、全て手積みでやってたから、自分の点数だけの計算は実際と暗算と三荘とも合ってて、実はすごく嬉しかった。

しかし、予選の32名に残れそうにない点数しか取れなかった。いや、全てきちんと+にはしたけど、三人で四麻うってるから、そのサンドバック状態の架空の四人目が上がってくることを考えると、たぶんマイナスなんだろうなぁって。



匠さんのおかげで、本当に見通しがなんとかついてきた。


あとは、牌効率、役効率、カウンティングを毎日練習して、とにかく練習して、練習。



ああ!関東のWSOMの練習にもいきたい……とにかく情報がほしい。


匠さんと、牌姿並べて教えてもらえるのも、なんだかすごく申し訳なくなってきたのもあって、ムズムズしてるのもあるし、WSOMのことを教えてもらって師匠だ……って思うのも、

なんだか、天鳳を教えてもらってる師匠のTさんにも悪い気がして。

うぬぬぬ。。。。


でも、匠さんとエムさんとあともう一回遊んでもらえたいしなぁ……普通に格上の人たちと12時間近く麻雀できるのとか、ないよなぁなんて。


なんて、仕事疲れてわりと本音だらけですが、



麻雀好きです。


今から、鳳凰卓打ってから、スキンケアして寝ます。

ではでは、さらばです。

WSOMのマッチポイント制度の話を頭のいい方に教えてもらえた話


昨日学んだことをアウトプットしておきます。

たぶん一生勉強しても越えられない壁のある、頭のいい素敵な方と昨日遊べて、教えてもらえたので。


アウトプットしておかないと、忘れるし、もし間違えて認識してたら怖いので。


以下、WSOMの公式をまとめながら、昨日学んだことを書いていきます。


12月5日、6日にマカオで行われる『ワールドシリーズオブ麻雀』(以下WSOM)

概要として、一日目に予選戦を行い、二日目が決勝戦。


予選戦は、連荘などがない、一荘戦を4セッション。つまり、16局を四回打つ。

予選の上位32名のみが、決勝戦に進出する。

日本の麻雀との違いはもともとの持ち点がないことである。
全員0点スタート。あがれば加点になる。


ここで、面白いのが25点以下の点数は全員払う。つまり、あがり点の3倍加点になる。


対面からでた4pで「面前、タンヤオ、ピンフ」をあがる(5+5+5=15点)

すると、対面からだけでなく、他家3人から得点を得る。

つまり、「45点」プラスになる。


しかし、例えば対面からでた4pで「ホンイツトイトイ」をあがると点数の受け渡しかたが上記とかわる。
(ホンイツ40点+トイトイ30点=70点)

対面以外の二人は25点支払い。
ふった対面は
70点×3-50点(他の二人が支払った分)=160点支払いになる。





例の通りの点支払いなので、基本的に上がらなければじわじわ削られていく。


点数の大きさは、各卓ごとに違うと思ってる。打点重視の打ち手がいれば、その卓のプラスとマイナスはすごく激しいだろう。


そこで、今回からなのかはわからないけとれど、「マッチポイント制度」が導入されている。

公式にもある通り、この制度は『一定してプラスを取れる賢いプレイの奨励すること』ができるのである。

『運任せ且つ無謀な大手作りや暴牌はマイナス点を招きやすく不利になる』



では、その「マッチポイント制度」(MP)とは何か。

マッチポイントとは、一荘の得点の平方根である。マイナスの場合は数値の大きさ(絶対値)に平方根をかけたマイナス値になる。

例えば、+400点素点があればMPは「+20」、-200点ならば、「-14.1」となる。



以下は昨日の実戦でのMPの話を「ゆるふわ」っとまとめておきます。


あ、話はそれるんですがこのblogのタイトルにもある「ゆるふわ」ってのは書いてる干物がちょっと憧れてる「ゆるふわ系女子」から、とってるのもあるけど、わりと数字とかデーターとかきちんととれてないので、その曖昧さも合わせて「ゆるふわ」って、いれてます。

あしからず。

それで、昨日15時から一荘戦×4をやってみたんです。
ここで、補足しておくと四人ではやれてません。3人で打って架空の一人はもうツモ切りとかさせないで、ほったらかしです。

ツモる回数だけ合わせて、四人ルールを3人で遊びました。

私の成績が……

うわ、申し訳ないのですが、今データ置いてきてしまった…

(現在このブログは美容院で縮毛矯正しながらつらづらかいてます)


夜か明後日この続き書きます。


うわー…くやしい…


ちょうど全てまとめた「4荘目」の紙だけファイリングし忘れた(´;ω;`)

7荘目とかまでもってきてるのに…


ではでは、また。
さらばです。

タイトルが言葉足らずだった話


先日、あまりにも気持ちが落ち込んで帰りの電車で思いのまま『麻雀の女流プロに……』ってタイトルでブログを書いた。



言葉足らずでした。



麻雀の、女流プロの全体にはもちろん失望してません。その会いにいったプロの方だけです。




タイトルに『とある』って入れれば良かったなぁって反省してます。




「特定できたよ」ってコメントにいただいてるけど、まぁそれもどうでもよくて。



結局、今回のことでショック受けたのは自分だけだろうし、もともと期待されてなかった方なんでしょう。


Twitterのリプや、ご丁寧なDM、LINE等々ありがとうございました。



もともと、私は麻雀プロを尊敬してるし、業界が活性化すればいいなぁって思ってる。
こんなことで、麻雀業界も麻雀も嫌いにはなりません。


特に、麻雀プロの方はすごいなぁって思ってるので。
私は65歳まで麻雀プロとして働くことができるのかって打算的に考えてしまって、麻雀プロになるのをあきらめてる。


好き勝手、自分の好きなときに好きな場所で麻雀したいから。


だから、女流プロだけでなく男性の方々もすごいと思ってて。

それゆえに、「プロ」をプロとしてみてる。


だから、期待しすぎてて今回の落差がつらかった。



でも、彼女だけなので、他のかたには失望してません。




ではでは、さらばです。

プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。