スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強戦の話


「大会のこと聞かせて!」って可愛い女の子に聞かれた。酔っ払った干物、きちんと話せたかあやふやなので、ブログに書いときます。

最強戦は、近代麻雀って雑誌で大々的に扱ってる麻雀大会の1つです。
参加方法は簡単。1つは店舗に行って、「大会でたいです!」って言いにいく。二つ目はインターネットで「麻雀 最強戦 2015」で調べて、ネットで申し込む。

参加費は、前売り「3000円」、当日券「3500円」。
それにさらに女性割りと学生割りがつく。だから、私は毎回2500円で参加してます。


店舗予選勝ち抜くと、地区予選、アマチュア全国予選、本戦って勝ち進めます。
店舗予選はいくつ参加しても大丈夫。
地区予選もいくつでも大丈夫だけど、例えば中国代表になった方は、それ以降の地区予選は参加できないらしい(とある社長から、とある方が聞いたらしい)


当日の流れは、「こんにちはー!(・∀・)ノ」って店舗にいきます。
受付します。そのときに選手番号書いた成績表と参加賞をもらいます。
2015の参加賞は、アカギボールペンです!「倍プッシュだ……!」って書いてある(о´∀`о)

そこから、卓組通りに三半荘打てます。四半荘目は合計のポイントが「+」の人と、プラスの人が4の倍数でないときは-の少ない人が打てます。

参加者合計の10%が勝ち残ります。だから、40人参加なら4名!

だいたいのボーダーは近代麻雀に載ってたのは平均130。
ただ、その会場よりけりで89ボーダーのところや、150のときもある。

とにかくトップは、三回とらないと確定しないくらいです(*´ω`*)


私も緊張して、点数を間違えるかもしれない……って思って、同卓の方には「緊張して、点数を間違えるかもしれないですが、がんばります、よろしくお願いいたします。」って声をかけるようにしてますが、本当に分からないときは運営の方に聞けば教えてくれます!


一期一会で楽しいときも、また縁があってその後何度もお会いするときもあり、とても楽しいですよ(*´∇`*)

私は今年で三回目の参加ですが、一回目初戦で店舗予選抜けて関東地区予選でなかったらここまでハマらなかったかもしれません。

いえ、もっと厳密にいうとTwitterで仲良くしてもらってるエターナルお兄様と呼ばれてる方のオフ会で、とあるフィクサーに会ってなかったら。
とあるフィクサーが、初戦の店舗予選のときに声をかけてくださらなかったら、こんなに楽しくなかったかもしれないです。


今も、参加者のDさんやハデシャツおじ様、「卓上の紳士」さんとか本名もどこの人かも知らない人たちや、雀サクッの方々がいなければ、参加してないかもしれない。


なんとか20代のうちに、、、地区予選代表になりたい。


それが、私の目標の1つです。

関西地区予選と、中国地方予選もとれるように精進します。

あとは、昨日飲み会したときに、ああ天鳳強くなりたい……ってしみじみ眼鏡の似合う方々と話してて身に染みたので、はれもがんばる。

とりあえず、師匠に言われた「おばかみーこ」にでてる牌の形の暗記をきちんとします。

あ、石橋本面白いです。すごく面白いです。そのうちブログに書きます。
引き出しとして全て暗記できるようにしたい本です。


ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

最強戦2015 店舗予選三店舗目


6月28日 まぁじゃん広場にて
+96.2
+2.6
△0.5
+56

合計154.3
店舗予選通過(*´ω`*)

中部地方の店舗予選に遠征してきました!まさかのトップ通過!嬉しい!
嬉しいから筆が進む!ってことで書きたいことを三つ書きます。
一つ目が「おいおい、運営本気かよ……」
二つ目は「対局の内容」
あ、三つ目の「最強戦のこと」は明日書くかも……長くなりそうだから。




私は関西に住んでます。最強戦のアマチュア予選のシステムとして、
「店舗予選→地区予選→全国アマチュア予選→本戦」って感じです。

1店舗目、2店舗目は「関西ブロック」の店舗予選。

今回のは「中部ブロック」の店舗予選でした。
ってことで、三重県!来たよ、三重県!

まぁじゃん広場さんは、嬉しいことに駅からの行き先を動画でHPにあげてる。
だから、大丈夫だろーとか思ってたら、はい、迷う。

店舗に電話して、道案内してもらいました……申し訳ない……でも、このときから対応のいい店っぽいなぁとは思ってた。


無事に到着して、受付。
受付したときに、まさかのドリンクオーダー&おしぼり。「あ、この店いいとこだ……」って本当に思った。
通常だと大会の時は、ドリンクでないとこが多い。そりゃ、40人とかいるから……仕方がない。
でも、この店は出してくれた。7卓分。いい店!


だいたい、知らない土地だと最初に座った卓の人とおしゃべりするんだけど、(「いやー、緊張しますねー!」とか「カッコいい切り方ないですかね!!?」とか)今回は、まさかのDさんにハデシャツおじ様がいらしたので、その方々と話してた。
二人とも関西ブロックお馴染みの方々。
昨年、大会のときに話すようになって今年もすでにヴェストワンから話してた。

「中部と中国地方が狙い目だからね」って。考えることはみんな一緒ですね(*´ω`*)

のほほん、のほほんと待機。
雀サクッさん運営じゃないのかなぁ、寂しいなぁ。なんて思ってた開始7分前。

誰が司会進行だろうー審判も店の人かなーってキョロキョロしてた。






7卓のうち6卓埋まった後、その日の運営の方はいらした。たぶん店舗のお客さん数人とゾロゾロいらした。


第一印象は、最悪ですよね。そりゃ。



やり方や、都合は色々あるとは思うけど、7分前会場入りですか……そうかって。



その後、さらに驚いた。
最強戦って、選手番号は「来た順番」なのね。そして、1卓目はだいたい数字順になる。

私は最初、23番だった。

Dさん、知り合いだけど店に入るタイミングが近くて最初同卓の予定でした。
ハデシャツおじ様は、同卓がイヤで受付をずらしたみたい。


運営の方と一緒にいらした方々。まぁ、当然のごとく、同じ卓になります。システムですから。



そこで、運営の方の突然の「お連れさんと同じ卓に入る方が多くなってしまうので、選手番号つけ直します!」ってアナウンス。笑ったw

おいおい、開始12時。開局がまさかの12時半過ぎって私は初めてよ……
つけ直しちゃうっ!?受付してくれてた、電話対応丁寧だったお姉さん、頑張って数字メモしてたの無下にしちゃう!!

おおおおーーーー!!

すごく、ひどい運営…………


って思いました。そのときは。
でも、同卓した後に話してて「あ、その対応で良かったかもしれない」って思った。

この店、「最強戦にでたい!!!とにかくでたい!!」って参加者よりもどちらかというと、その店についてるお客さんの方々の方が多かったかもしれないから。

全員とは話してない。私から見てそう見えただけだけど。

すごく麻雀カフェパンダに似たものを感じた。店もお客さんもすごく仲いい感じで。

だから、確かに「いつもつるんでる人と」ではなくて、大会だからこそ「知らない人と」ってのは分かった。

もちろん、それは私とか遠方からきてる者には関係はない。
ちなみに、番号決め直して、残念なことにDさんとハデシャツおじ様は初戦同卓のになってしまってもいた。二人は避けようとしてたのに。

だから、手放しで「番号を変えた!」ってことに賛成はしない。
ただ、私は雀荘って「その地域のお客様ありき」って理解してるから、今回のは「いやだなぁ面倒だなぁ」とは思ったけど、まぁ納得した。

ぶっちゃけ、お客さんたちメチャメチャ好い人ばかりだったからね!!本当に!
トップ通過したの、初対面なのに一緒喜んでくれた女の子とか、がんばってきてね!って笑ってくれるお兄さんとか素敵すぎる。

だから、店として今後長いこと共に歩む人を優先させたのはいいんだ。

ただ、、頼むから女子割りの500円は返して欲しかった……雀サクッさんとか、他のとこはもっときちんとするよ……本当に……
もう……


二つ目は「対局のこと」
初戦は「ついていた」
東1局目で三色をきちんとあがりきり8000
東2局目の親で3倍満をツモった。
先日のイースターの最終対局を思い出して、トップはもちろんのこと、とにかく素点を……と思い3倍満あがった後も曲げるべき手は曲げていった。
ここで、素点稼いでなかったら本当に敗退してた。

2回戦目は苦しかった。特にラス目に南3局自分が親番のときにまさかの1m単騎を即でツモられて、10002000は、おののいた。
対面のあがり牌ピタッどめ、頭選択でのツモ。。。
オーラスの点差。私は2着目だけど、三着目との差は300点。親番のラス目は900点差。
テンパイはとらないとダメ。テンパイはとらないとダメ……
って思ってて上家のトップ目から役牌の仕掛け。「うきゃーーーーー」って思いながら、とにかくリーチをかけなくても上がれる手役を、ピンフかタンヤオ……で組む。
そんななか、345sでリャンメンチーが親から入る。ケアできる余裕はない。ケアしてテンパイとれなくなるなら……ツモられて変わるならアガリに向かってった方がいい。
その後、親が私の1pをリャンメンチー。
「??????」
まだ8順目。ケイテンか、役バック、三色……わからなくなる。

そんなこんなしてたら、運よく47m待ちでピンフテンパイ。

ダマ。

これ、分からない……リーチしてもいいかもしれないが、リーチ棒だしたら瞬間的にラスになるから。
ダマ。


結局、ツモった。

私はダマしかできなかった。……ダマだよね?


三回戦目は悲劇的だった。
開局16000オールをツモられる。親の役満。四暗刻……。

せめて、2着ならないと、キツい……だから、とにかく考えて考えて考えて局をすすめる。東4局で3200点のラス目になったときは泣きそうだった。トビはないルールとはいえ、苦しかったけど南場の親で7700と満貫ツモれて本当に良かった。あきらめないで2着。


最終戦の点数は以下の通り。
183.9
101.0
98.3
87.1
86.3
71.9
41.7
24.5
23.3
18.8
16.0
10.2
8.8
8.1
7.9
2.7

の16人。私は98.3。
イースターでの失敗をいかして、全てメモった。同卓の方にもお互いの点数を聞いた。
ハデシャツおじ様が下家にいらして、ああ、負けられないなって思った。
また対面の方が、86.3の方だったから、この方よりは本当に順位あげないと……って。

まぁ、とにかくトップをとらざるをえない……。

オーラス。対面親。私との差が13200点。満貫ツモでまくられる。下家はダブル役満条件。上家はハネちょくくらいの差だだったはず。

あっさり、上家の方。10002000をつもる…………オーラス……

どうやら、上家の方、他のお客さんと素点勝負してたらしいw
私はラッキーだったけど、対面の方の心中お察しします……ああ、たぶん私なら本気で怒るかもしれない……言えないけど……

違う卓ではDさんが役満あがりきり、183.9のトップの方をラスにしたようで。

結果的に、トップ通過になりましたーーー!!(*´ω`*)わーい


いや、、、嬉しいなぁ……


「1ゲーム無料」で、いい店だから打っていきたいと思ったけど、約束あったので、打たずに帰る。

いい店だから、また行きたいな……


あ!最強戦のあと書きたいことは次のブログに書きます!

ではでは、さらばです。

ひつまぶし


名古屋にきたら、今池駅近くの「白河」に行く。ひつまぶし、好きなんです。


たぶん、他にも美味しいとこあるのかもしれないけど、初ひつまぶしがここだったので、思い入れがある。


鰻はうまい。

身がホクホクしてて、しっかりとした芯のある味がして。


ひつまぶしは三度うまい。

1回目は、そのままの味で。
2回目は、薬味と共に。
3回目は、ダシをいれてお茶漬けに。



昨日、最強戦2015の店舗予選通過したから、今日は「特上」を頼んだ。

蓋をあけた途端、一面に広がる鰻。
美しくて、溜め息しかでない。


4~5回さっくり混ぜて、まずは1回目。
そのまま、食す。


至福です。


2回目、わけぎ、のりをのせて一口。ワサビのせて、二口目……きも吸いで口を柔らかくしてから、山椒で三口目。


本当に美味しいこと、この上ない。


3回目は、ダシをいれてお茶漬けに。
全身が震えるほど、美味。
鰻の脂が、温かいダシに溶けだして。米を包んで、ああウマイ!


米粒ひとつ残さない勢いで、堪能してきました(*´ω`*)ああ、もう本当に最高。



弟、ガン無視する勢いでホフホフ、ひつまぶしに夢中になりました(о´∀`о)


ああ、本当に美味しかったなぁ……


9月18日にまた、最強戦の中部代表決定戦あるし、いい麻雀できたらまた来ます!


今、まだおなかいっぱいで書けないけど、今日か明日には予選のこと書きますー


ではでは、さらばです。

最強戦店舗予選 2店舗目


6月21日(日)
まーちゃおAにて
△50.2△53.6△19.7

予選足切り

だいたい土日はお仕事してる、干物女です。無理を言って、日曜に半休もらって打ちにいきました(*´∇`*)

ダメダメでした……(´・ω・`)
赤ドラがないルール。先制にリーチされて、さぁ表ドラ0のサンシャンテン……
→ベタオリ
の展開が多かった。
でも、オリてて6000オールとかツモられると、すごく痛い。

ボーダーがだいたい平均で130前後。
トップが大きいルールだから、本当に親でツモられると苦しい。

わーきゃー!ってなる。

はぁ、負けました……


名前は分からないけど、顔は知ってる人が今年は多くて。

「どーですか? 」
「いやはや、厳しいです……」
とかお話できるだけで、まぁ楽しいんですけどね(*´ω`*)

どうせなら、今回抜けたかった……

仕事優先なのはもちろんなので、土日が今年もなくなるだろうなーってのは1月から知ってけど、まぁ最強戦の時はつらいなぁ。

7月21日のイースターくらいしか、平日は残ってない……
でも、その日は友達とディズニーいく約束してるから……(´・ω・`)
うぬぬ。。。関西予選抜けるのは日程的に厳しい。

はぁ。せつない。


ただ、今週末の三重の予選。
メチャメチャ頭下げてお休みもらえたので、最強戦の初中部予選にでてきます!!

旅打ちにいきます( *・ω・)ノ

いや、大阪いくのも遠いんですけどね……本当は……

三重ー(*´ω`*)
三重県だー!


ここで、抜けれなかったら、ちょっと今年はあきらめよう。

友達の結婚式もある、実家の祖父の様態も心配。


日程的にも、実力的にも苦しいや。

昨日、今週末京都で行われる「グリーン杯」っていう、スポンサーがきちんとついて、目なしがでにくくなりそうな面白いルールの宣伝?か何かでASAPINさんが話してた。

「僕なら、2回くらい店舗予選でれば抜けれるんですよ」って。

実力もあって、結果もだされてる方だこら、すごく納得して。


私は10回は店舗予選でるくらいに、家計簿の予算は組んである。

10回でれば、抜けれる可能性高いって知ってるから。


たぶん、他の参加者の方も顔を覚えてる方々は同じくらいでてると思う。

「実力かー」


今日、朝からさっきまで天鳳打ってたけど、からきしダメで。


牌譜見直しても、「安牌みのがしてるじゃないか」とか「ここ、押すとこでないじゃん」とか反省とタメ息だらけ。



本棚の肥やしになってる本を読み返す年にしてもいいかもしれない。


基本が……き、基本が……


目を背けたいけど、そこから(´・ω・`)



仕事も、8時から◯◯時っていう鬼のスケジュールなくなったから、転機かもしれない。



夜もきちんと毎局大切に意識して打とう(*´ω`*)

あ、昨日のトークショーのURlはれないけど、面白かったです。
弁護士の方の髪型が気になりましたw
もう少し短いとナイス眼鏡っぽいんだけどなぁ……


ではでは、さらばです。



断捨離 二日目


持ってる全ての服をひとつにまとめると、ここまで迫力があるのだなぁと思った本日の午前。

こんまり先生の順番通りに断捨離しながら、片付けしてました。

いやはや、大変。

あ、でもおかげさまでわりとまともな空間になりつつあります。わが家。


「綺麗なゴミ捨て場」と揶揄されたこともある、片付けられない女。
ゴキブリとか19歳になるまで見たことなかった。(北海道にはいない)
だから、虫はでないようにするけど、なにせ物が多い。
捨てられない。


だから、片付けられない。


今回は捨てに、捨てました……

人生初浴衣デートした浴衣も、みんなで遊びまくったときに着てた水着も、あれもこれも捨てました……

いやーすっきりした(*´ω`*)


ひとつ、誤算だったのが、ハードオフが見つからなくて、ブックオフでしか物が売れなかったこと。

それでも!わりといい感じに売れて、良かった!


次は書類……書類なんですけどね……多いなぁ……


憂鬱です。

でも、完璧に片付けるとリバウンドしないらしいので、がんばります。


今週は片付け!来週は、麻雀(*´ω`*)

それで、がんばろー


ではでは、さらばです

断捨離1日目



本当は
「ぬるかった珈琲」
「赤シャツメンバー」
「『君も名前が違うのかいっ!?』」
「雀荘にいくたびに会う男」
の4つのどれか書くか悩んでたけど、まぁ、断捨離の事書きます。

関東に先週、一人同僚が帰った。
同い年の女の子。
仕事のできる方で優しくて頼りになる方。

急だった。

まぁ、帰してあげてー彼女を一番に!って皆で言ってたから良かった。

で、そのときに引っ越しとか社宅とか管理してる方が見えられて、私に一言。


「黒部さんの、引っ越し代が一番高かったので、次は荷物減らしてくださいねー」って。


きゃーーーーーーー!知らなかった……。

敷金礼金、引っ越し代全て負担してもらってて知らなかった……

ってことで、今週は断捨離してます。
『人生がときめく片付けの魔法』を読みながら、せっせく捨ててます……

本日は、2014年の7月の桃の缶詰がでてきて泣きました。
ドライヤーは三つ見つかりました。
なくた腕時計が四つでてきました……


とりあえず、水曜までには床を見れる状態にします。
土曜までには完全に綺麗にします……

ではでは、さらば。

最強戦2015 イースター予選の感想

 6月10日(水) イースターにて

 65.1 △25.4 △16.7 77.2 合計100.2 9位予選落ち

 平日の19時よりイースターで最強戦の予選。今年初。
 
 今回はあきらかに終電乗れないので、可愛い女友達怪獣さんと一緒に出ました!泊めてくれてありがとー!!!

 まず最初に受付をする段階で、マスクにサングラスに「卓上の紳士」のキャップをかぶった男性を発見。
「やばっ!!!あの人だ!!」って思ったら、昨年も2会場一緒だった男性Xさんでしたw
インパクトと目力あるので覚えてますよ、、、、


 最強戦の楽しみの一つは受付にあり!!今日は雀サクッのどなただろー!!!わくわく!って思ってたら誰もいらっしゃいませんでした、、、、
 WWの方々が運営でした。。。。いや、板川プロ、ヴェストワンカップでお会いしたから、覚えてくださったのは嬉しかったんですけどね。やっぱり、ネット麻雀のカリスマにも会いたいって思うやないですか・・・・じょうさん、、、、Yさん、、、にも。

 受付する。いやー今年の参加賞なにかな!!って思ったら、良かった!今年も名言ボールペン!
アカギの名言のはいったボールペンでした--
よかった。おととしは携帯卓上ホルダーでいやーーーーいくつもいらなかったよね。本当に。

 開会まで待つ間は怪獣ちゃんとお話。貸してた麻雀の本フル活用してくれてて嬉しかった。
昨年は関西の店舗予選は3回出たのと、ヴェストワンカップでも一緒だった人多くて、お祭り気分だった。
ちなみに、名前は一切覚えてないです。みんなだいたい顔で覚えてる。

 はい、今回は赤木由実プロが最強戦ガール西日本代表で、この会場にもいらっしゃったんですが、個人的に好きではありません。いや書かなくてもいいんですけど、さすがに直してほしいので書いとくので誰かお知り合いいましたら伝えてください。
3つ理由があって、ひとつは最初の大会挨拶のとき。「みなさんに渡したこの名刺にコメントかいてあります☆、、、、」ってくだりで、その会場39名すべての人に渡してないのに、「みなさん」はよくないですよーー。差別ですかー。枚数足りなかったんじゃないんですかー。落ち着いてー。みなさんって言葉のチョイスよくないよー。お姉さんもらってないいいいいいw

 二つ目は彼女のブログに書いてるんだけど、あなたがすったんフッたのは仕方がないけど、大会のポイントで次が決まる参加者としては、この認識は面白くないわ。ポイント差でこちらとしては次が決まるのに。あなた一人の成績で見れば長期なのはわかるけど、ダントツいるなぁって思ったら大会の予選の残りに関係ないあなたがフッたのねって複雑な気分になるわ。(http://t.co/qzQqoJZZAP)

 仕方がない状況だったのかもしれない。でも、この書き方じゃ分からないから、もしかしたら、、、、なんて。
他の参加者なら、3回目で足切りで4回戦目うてなくなるから。こんな笑い話みたいにとらえないでしょ。

 三つめは4回戦目のときにおしゃべりしながら待たないでほしい。
おしゃべりが聞こえてくるくらい程度にしか集中してない私も悪い。でも遅れてきた憧れのASAPINさんと赤木プロがキャキャ話しててうるさかったから。板川プロに「注意していただけませんか?」って聞いたけど対局中で聞こえなかったようで、少し悲しかった。もっと大きな声でお願いすればよかった。大会中に電気消すわで最悪だわ。表彰まであなたがいないといけないなら、外で待っていればいいのに。

 対局の始まり、少し待たせてたりもしてたみたいだから、次の会場ではスマホはかばんに入れっぱなしにしておいてもいいかもしれないわ。同じ女だからきつく見てるとか嫉妬とかでなく、参加者として不愉快。

 1回戦目は、ついてた。6000オールをツモってからひたすら放銃しないように気をつけながら局消化してた。
対面に受付で会った「卓上の紳士」、上家にヴェストワンでも一緒だったNさん。下家は緊張の顔した若い子。
下家は本当に緊張してた。手がプルプル震えてたから。
対局後話してみたら、普段もフリーにいかず仲間内でしかセット麻雀しない大学生の子だった。
「あ、あなたも大学生ですか?」って聞かれて浮かれる干物女。
すみません、社会人3年目です。
嬉しいwww
「フリー楽しいよ!!ミラージュとかいいよ!!!」って勝手にこの子は多分阪大生って決めつけて話してたら、当たってたらしくて今度行くって。楽しい麻雀できるといいね!

 麻雀中は顔が怖かった卓上の紳士。終わった後に、その最強戦初めての大学生にアドバイスしてた。
「とにかく1回戦と2回戦は打点だから、あの局のダマ満貫は曲げて跳満つもりにいった方がいいよー」って。
なんだんかんだ憎まれ口たたくけど、いい人です。

 2回戦目は北家スタート。50分打ちきりだから、とにかく親を2回もってこないといけない。
この2回戦は苦しかった。親かぶりして4で始まる南場とかほんとに最悪。
たまたま南3で満貫出上がりして3着で助かった。いやでも、あの親リー一発でツモれてたら2着だった。悔しい。

 3回戦目はラスを引くと4回戦目に残れない。トップとらないと実質最終戦大トップ条件になるし、とにかく+で終わらないといけない。そんなのみんな一緒で、とにかく打点も早さも大事で。赤ないから手役も目指して。

 南1局で親のトイトイの12000ふったのは反省してる。安全牌なくなった後のあの一打。もう少し考えるべきでした。
3万5000点から一気に下がって焦る。結局3着。

 4回戦目。ボーダーとか集計してるときに、また会場の方々と話す。
昨年の近畿地方予選でニコ生で一緒に打ったおととしのアマチュア最強位の村上さんがいらっしゃったので、ご挨拶して。
ヴェストワンカップで関東からきてた方、村上さんとお知り合いでヴェストワンカップ知ったって話をしようと思ってたのに、意外な方に名前を呼ばれ話せなかった。しかも昨年の参加した時の名前で。

 振り返ると全く知らない方でした。「△△さんですよね!?昨年、最強戦の配信みましたよ!!!」って。
「ほうぅうう!!」ってなった。すごいね。覚えてる人いらっしゃるんですね、、、、。

 今回の時岡さん(最強戦2014の全国アマチュア代表)のブログにも書いてあったけど、店舗予選の中にはニコ生の配信卓で打ったりするときもある。
 ちなみに2年間で私は3回当たった。これも楽しみ方の一つだとは思う。

 「ありがとうございます!」って言ってそそくさ逃げる小心者です。

 4回戦目!!!この時のスタートからもうすべてダメでした。
ボーダーを発表するんだけど、私、この時最低ボーダーしかメモしないで、そこに足りないポイントを計算してしまった。
「90.4(最低ボーダー)-23(自分の合計)=67.4」
「67.4-トップの順位点(+50)=17.4」
って。


本当に情けない。


東場の親で七万点いったから安心してしまっって、局消化ばかり考えてしまった。
ドラポンや親リー以外の仕掛けなんて無視してとにかく点数を最大までしようとしなかった。

本当に情けない。予選通過した人と約11ポイント差だった。

悔やんでも悔やみきれない。
とくに3回戦時点で総合トップだった天鳳十段の実力者の彼と同卓したのに。彼をラスにしてればまくれてた可能性だってある。

情けない。

関西の店舗予選。昨年と違ってこれで最後かもしれなかったのに。
本当にやらかした。

もう死んでもいいミスだと思う。
この前のヴェストワンカップの本戦初日に麻雀プロの方々がサイドテーブルに同卓者のポイントやボーダーのポイントメモしてる光景みてたのに。

 まぁその前に23しかポイントないのも駄目なんですけどね。。。。130が平均っておととしの近代麻雀に書いってたよ、、、、って帰りの電車で思い出した。

 本当に、私っ馬鹿だ。


 今月は、職場に頼み込んでもう1日だけ店舗予戦受けられる。その日はミスしないように気を付けます。
日曜開催多くて苦しい。
毎日、スケジュールの更新は見てる。予戦受けられる日ないかな
って。

 もし日曜に時間ある方はぜひ最強戦出てみてください。
 前売りは3000円。当日は3500円。学生・女子割で500円バック。

 私は前売りと女子割で2500円で楽しんでます。
 ヴェストワンカップは5000円なので半額。。。。

 ニコ生配信あるときもあるし、上でごちゃごちゃ書いたけど赤木プロは可愛いよ。例えるなら白雪姫みたい。

 ではでは、さらばです。

 


 

 

元オタサーの女王から春夏秋冬戦について雀荘戦のアイドル:ニコちゃんにむけての日記


 ヴェストワンカップの店舗予選、三月に参加したやつで、偶然天鳳の雀荘戦のアイドルのニコちゃん大王さんに会った。

 縁だと思う。
 セットしたり、ご飯食べたり、大会参加してくれたりでいい人だ。
 だから、春夏秋冬戦をやるならこの人と遊びたいと思って日記を書いてる。

 現実問題できるかできないかじゃなくて、あくまで、元オタサーの女王から現役の彼の色々な引き出しの一つになればいいと思う。
 今は部員増やすので大変なんだろうなぁってみてる。
 まぁ、でも遊ぶの楽しいし、今年じゃなくても春夏秋冬戦したいな。
 リアトラもあるからいいんだけど、せっかくならニコチャンが作った部と対抗して麻雀したい。


 箇条書きで適当に書きなぐります。書いてるうちに懐かしさのあまり文章変になったらすみません。


「 第5回麻雀大会 春夏秋冬戦
大会日時・場所 平成23年7月17日(日) 登録期間 選手登録 平成23年6月 2日~平成23年6月15日」

 「目的: 当サークルの会員同士の交流をより一層深めることを目的とする。特に名前と顔を一致させることに重きを置く。」


 この年は新入部員が82人はいってきた。どう考えてもキャパオーバー。麻雀だけでなく、テーブルゲーム全般で遊ぶサークルだったから門戸がガバガバで。

 内定も貰ってたし、卒論しかなかったから最後の最後でサークルが人が多すぎて壊れないように大会を開いた。
 大事なのは名前と顔が一致すること、そして夏休み前にサークルに残っていた方が楽しいってことをすりこませること。

 多くの麻雀サークルの話を聞くと立ち上げた初代が卒業するとたちまち廃れるってのがある。
 今でこそ、大好きな名前も顔も素敵な彼が「学生の麻雀の大会を!!」ってんで大きな大会ひらかれるけど、そんなものがないときは「麻雀サークルの目標」ってのがないから、楽しい面子が卒業すると廃れる。

 特に新入部員は夏休みをはさむと消える。
 去る者は追わない主義だけど、やっぱり友達の会長と作ったサークルなので、続いてほしかった。
 
 ってことで、春夏秋冬戦をひらいた。
 総勢16チーム。各チーム先鋒・次鋒・副将・大将の4人チーム。
 選手人数64名。運営に8名。
 春ブロック、夏ブロック、、、、で分けてトーナメント式で。

 

 田舎すぎて8卓も置いてる雀荘なくてすべて手積みw

 麻雀の歴とサイコロでチームはわけた。
 大将としてわりふった子たちには、新入部員を個別に集めてセットしながら当日の作戦を練るように伝えた。
 大将に歴が浅い人をもってくるのもそのチームの戦略だった。
 その戦略と当日の組み合わせが読み通りかみるのも楽しかった。

 とにかく人だと思う。新入部員が先輩と仲良くなることがサークルを続ける理由になってくれればいいと思ってた。

 あ、ちなみに蛇足ですが当時は新入部員すべて覚えてましたよ。
 サークル室にも写真つきで選手一覧作って、とにかく顔と名前を覚えてくれって感じで作って。

 結果、新入部員84人のうち秋には50人くらいは残ってくれた。アクティブに動いてくれるのは30人くらいだけど。

 ただ。

 その年の冬に私と会長が作ったこのサークルとは別に、正式な「麻雀部」が立ち上がったのはまた違う話だけど。

 社会人同士でチームに分かれてマージャンして遊びたいなぁ。って思うから、ニコちゃんとそんな感じの大会したいけど、途中まで書いてて気がついたわ。64人ってわりと多くない。。。。。


 いいや、明日話してきます。


 今日はこのあと最強戦の店舗予選。抜けたいなぁ。

 ではでは、さらばです。

ヴェストワンカップの話(玉利一プロの話)


今日は予定が17時からあったけど、それまでヴェストワンカップのニコニコ動画に貼り付いて、わーきゃー!してた(*´ω`*)

部屋のなかでいい年した女、一人で。

いやー、見てても楽しい……


玉利一プロが配信卓の時は、とにかく「たまりーーーーち!!」ってコメントしてた。

あの、6sと2sのどちらを切ってもテンパイ……2sきると友添プロに12000のやつ。

あれは、私は分からなかったけどよくよく分けてみたらそうなのね……
でも、そこで打っても2着だから玉利一プロ、つよい!


たぶん、覚え間違えでなければエサカの予選のときにも会ってる。
ミラージュでは一緒に店舗予選抜けた人。
超腕ふといの!!ごついのー!
あの腕でハネ満とかツモられたら、「はいーーー!!」って大人しく6000払うしかない……
トイツ場をうまく打たれてるイメージ。サンアンコーとか。



さっき、Twitterでリプしたけど、シードでなく店舗で抜けて決勝戦行ったのは彼一人……
だからこそ、もう全力で応援します!!
眼鏡だし!!



ってか、プロだったの、実は本選のときに知ったwそれまで知らないで、ふつーに話しかけてた……

ちなみに本選のシードで田内プロも知った。

なかなかプロ、知らない人多い……わりと知ってる方だと勝手に思い違いしてたw

明日は仕事だから、完全に貼り付いて見れないけど、結果ちょくちょくTwitterとかでみるんだー


あー、もう玉利一プロに優勝してほしい……


店舗予選でも優勝のチャンスあるって、なんか思いたい。


ってか、玉利一プロは優勝したら焼き肉おごってくれるってなんかTwitterでリプしたから、それもある。

焼き肉……フグもいいな……(*´ω`*)

明日、たのしみー!


ではではさらばです。

世界史できないヤツは死ね


今朝、新聞に高校のときに憧れてた同級生が載っていた。

最年少で論文、いいの書けたんだって。
テンションあがる(*´ω`*)
全然、見た目変わってなくて!!

しかも、会いに行ける距離で働きながら、研究してるなんて、ちょっと奇跡かと思った。


あまりに憧れる。高校のときの学年一位の人。スポーツ万能。容姿端麗。

無口で、気の許した人にしか笑顔見せない人で……


ホントにかっこ可愛い赤めがねさんでした……


あまりにファンで、サインしてもらう。
世界史が常に満点な方でしたので、世界史の資料集に。


「世界史できないヤツは死ね」って(*´ω`*)


もう!本当に素敵だよ…………



なんだかんだ、見つめるだけで、告白もできない暗黒の高校時代。あ、彼氏なんて19までできなかってからね……本当に暗黒。


卒業式には、ボタンもらうよね。
手首の。


いや、私服高だったから、制服のもらってしゃーないやん!?第二なんていいだせないから、もう手首のね、、、そのね、もらいました……


わーーー、でも、すごいなぁ……認められて良かったなぁ……


論文、ドイツ語なのか英語なのか分からないけど、読めるものなら読みたいな……


たぶん、英語かな……



ちょっと、今日1日は元気に働けました(*´∀`)


妹のがその方と仲良しだから、「メールしたら?」なんてアドバイスもらったけど、ちょっとあれ。メアド変わってたら立ち直れないから無理だ。



明日は、仕事、早く終わらせて多井プロに!!会いに、いざ京都♪ヽ(´▽`)/


ではでは、さらばです。

村上プロにお会いして、フルゼンツした話


お仕事で大阪!
わーいヽ(・∀・)ノタイミングいいぞー!と思って大阪の石橋ってところにある、ミラージュっていう雀荘に。

村上プロがゲストだから!
行ってきました(*´∀`)


6月2日 ミラージュ
23 △30

店に入るといらっしゃいました!背筋ピンとした後ろ姿でその人だと分かる!


同卓したい!!って思ってたんだけど、待ち席みると同卓希望者いっぱいで……

待ち合わせが20時にあったから、打てないな……って感じに。


「いや、ここは打たねば!」と思い、友達にわがままをいって集合時間をのばしてもらいました……本当にありがとう……


一半荘はフツーにフリーで。
ミラージュのフリーは好きだ。
大手のチェーンの雀荘と違って、味がある(*´ω`*)ってか、昔よく行ってたとこと似てるだけなんですけどねw
滋賀のフェニックスもそうだけど

二つ座る場所が選べた。
すぐさま、「さっきの着順を教えてください」って厚かましく聞くやつ。
すみません、アナログです。

さっき2着だった席に座る。

卓につくなり、上家の白髪のおじいさまに「お姉ちゃん、麻雀やって何年だい?」って聞かれる。
19のときに覚えたから……って思ってたけど、なんか反射で「4~5年くらいです……かね?まだまだ分からないことばかりで点数とか間違えたらごめんなさい!!」って話す。


あとは、なんか適当に素で話してた。楽だし、楽しい。メン2だったから、気にして話すの上家の方だけで良かったし。

下家のたぶん学生のメンバーさん……かどうか分からない方は、よく分からなかった。たぶん緊張してたのか。

学生のアルバイトさんでも、メンバーさんならちゃんと仕事はした方がいいとは思う。求めすぎとかかもしれないけど、ちょっといつも打ってるところと落差がみえて残念でした。


打ち終わった後、待ち席でいったん待機。ミラージュの待ち席は素晴らしい。
壁一面のセンスある漫画の数。確かAKIRAあったよな……って思ったけど、ピンポン読んでました。スマイルかっこいい。

って没頭してたらあっという間に同卓!

下家がチーチャ。たぶんヴェストワンカップでも、他の雀荘でもお会いしたことのある眼鏡の方。
対面は、ダンディで素敵な村上プロ。
上家は大人しそうな学生風の方。


東場はなんだかんだであっという間にすぎた。先制を眼鏡の方、村上プロにとられることが多かった。必死にベタオリしかしてない。
こちらが、勝負手ならまだしも2シャンテンドラなしならもうベタオリにベタオリしかない。

上家と私が2万点きってて、眼鏡の方がトップ目、村上プロも3万点以上ある状態で南場に。

本当に麻雀楽しい。
話ながら打つのも好きだけど、話さず相手の手だしツモ切り河みてもくもく打つのも本当に好き。

南場はドラがくることが多く、勝負することも多くなったが、村上プロに9600打ったのは反省してる。ラスになる可能性が高いのに、満貫両面テンパイだからって、初牌の南を打つべきではなかった……いや、そもそも2フーロするタイミング悪かった。

超反省したけど、まぁラス親あるしなんとかなるさーって思ってた南2の話。

その後南2で先制両面リーチ、出上がり満貫58m待ちのリーチが打てる。
ツモって裏のれば、一気に2着……って思ってたら、ダンディな声で

『リーチ』


いやーーー!村上プロから親リーだああああ!!って顔色変えずに心で叫ぶ。
宣言牌は5m。

首の皮つながりました。
あがれて、本当に良かった……予想外だったのは上家もロンの声をあげたところ。
タブロン。

ミラージュは変わってて、積み棒も上家優先ではなく、両方もらえる。


一気に点差が変わった。


さー、あと2局どーするべーって思ってたら、急に後ろから声をかけられる。

予想外すぎて最初聞き取れなかったし、見たこともない男性に「…………みーこによろしく伝えてください」と言われる。


はい、ちょっとパニックになる干物女。
確かに20時に約束してたのは「みーこさん」だ。

なぜ、この見知らぬ男性はそれを知っていて、かつ挨拶してきたのか……誰だ……?

って混乱しながら、生返事をかえして、対局にもどる。南3。
点差よか、誰だあれ……でいっぱい。

その方が帰った後、「いやー初めてお会いするかたに挨拶されるとなんかドギマギしますねw」って誰とは言わずに河の真ん中みておもむろに話す。

眼鏡の方のが、まぁ点数に余裕もあるので話にのってくれたので、卓にまた気持ちが戻った。


オーラス。私は親。
対面の村上プロとは3500点上まってる。
下家のトップ目の眼鏡の方とは約25000点差。上家は細かいこと覚えてないけど8400点から11400点くらい私が上まってたはず。
残念ながら上家は無口すぎて記憶にない。


ドラは7s。

残念ながら私は頭悪いからすべての牌姿覚えてないけど、良形の配牌だった。

村上プロと3500点差。4500点なら楽なのにって。

聴牌はとらないと……ってのが第1優先事項。でも、途中で117788m25r55677sの形まできた。チートイでもいけるし、リャンペーコーも見える。いや、四暗子だって可能性ある。


ってときに眼鏡の方からリーチが入る。
思わず笑って「王さまリーチきた!」っていいながら、一人でテンションあがる。

ゼンツしようって決めた。

回しがきくのと、河が対子場って気がしたので、チートイに固定。
ドラ色でも、5sから離してく。

赤1枚、表ドラ2枚手にあるなら、相手の打点そこまで大きくない……ってか、おりてツモられても親かぶるならゼンツ。



もちろん上家もラス回避のために東を鳴く発をなく。


ふと気がついた、ああ、白と中が見えない。


だから、6sか3sか切れば聴牌までもってきたときリーチはかけられなかった。ドラ標示牌よりは3sで待ちたかったが、ドラまたぎに放充する危険もあるから、6sでチートイドラ3ダマ。

白ひくか、なにかひいたら、受けかえようって。


「中」が河にでてきた。村上プロから。



「ロン」の声。
上家の小三元のあがりになる。


ってことで、3着。

その後清算前に眼鏡の方も、村上プロも私も手をあける。

眼鏡の方は58p待ちのリーチ。押さえ込みのリーチだったみたい。
村上プロもチートイ赤赤表ドラ2。
待ちは私と同じ6s。


いやー麻雀楽しかった(*´ω`*)
同卓してるときに謝ったけど、感極まって強打してすみませんでした……。
超楽しかったです……

その後写真!写真とったー!



いやーーー!本当に素敵でした(*´ω`*)

今週はヴェストワンカップの決勝戦のため大物プロがたくさん雀荘のゲストでいらっしゃって、超楽しい!


ぜひ、またおあいできるといいなぁ……


あ、ちなみに途中で私に声かけてきた方はTwitterでやりとりしたことある方でしたwすみません、いらしてたこと知らなくて「ほへー?」として……


ではでは、さらばです。

名前はいくつもあるものですが、それを口にするのは粋ではない


5月26日 フェニックス
21222 +136


以前、紹介した方のポイントのおかげでカード満タンになって、色々+になった(*´ω`*)嬉しい。

その日は、仕事で奈良にいった帰り。リア麻打たないと点数申告心配……って思って強行で打ちにいく。

麻雀の内容は、きちんとおりるときにオリれたからよかった。


待ち席で思わぬことを言われた。「新井さんって本名ですか?」って。


一年通ってて初めて言われる。



地域によって、雀荘の名前は変えていた。それは、初めていった雀荘で教えてもらったことだったから。
本名だと色々面倒になったときに、困るよって。


だから、三つを使い分けてた。


地域分ければ、まぁ大丈夫……って思ってたら、うっかりバレてしまったw


聞いてきたメンバーさんは「いや、雀荘ではよくあることなんでいいんですけどねw」って苦笑い。

ヴェストワンカップで知り合った方に、そういえばよくフェニックスって雀荘いくんですよーオススメです!
って意気揚々と話してた自分を思い出した……


ぬかりました……


いや、まぁいいんですけどね。



結局、またヴェストワンカップの本戦でその話した方に再びお会いしたので「ごめんなさい」をした。

笑って「よくあるある!」って言ってもらえてよかった(*´ω`*)

なんか、その方もフェニックス、相性いいからそのうちまたいくよーって言ってたから、まぁまたどこかでお会いするでしょう。



ヴェストワンカップ、今週末に決勝戦だけど、だれが優勝するのかなぁ。


個人的には店舗予選で2回お会いして、一緒に抜けた玉利一さんを一番応援してる。

あと、小林プロ(*´∀`)


生でみれないけど、楽しみー!

あ、今日は仕事が終わったら即、ミラージュ行って村上プロに会いに行く!
それを励みにがんばる!


ではでは、さらばです。

ヴェスタンカップの感想(その他)


 ヴェストワンカップのことで3つだけ感想書く。超長いです。
私はどこの団体にも所属してないし、麻雀業界で生きてるわけではないので好き勝手書きます。


一つ目は「もっとこの大会のこと多くの人に知ってもらえたんじゃないかな」ってこと。
1月から店舗予選は始まったけど、私自身が大会を知ったのはその1月の予選が終わってから。
「お嬢」って言葉で勝手に呼んでる女性から聞いて知った。

 店舗予選が行われる雀荘にはポスターが貼ってあったらしい。

 本戦でもらった冊子に書いてあったけどこの大会の概要は「関西メジャー大会の創設」。
『関西で完結する規模の大きな大会を開催し、関西麻雀界全体の活性化みつなげると供に、地方プロ選手に活躍の場を提供することを目的とする』

 そう、ビックタイトルは東京だけもので。今回の大会はすごい。

 だからこそ、もっと多くの人に知ってほしかったなぁって参加者としての感想。

埼玉からわざわざ来てくれてた人と話せたのは、私の運の良さだと思うが、その方もやはり口伝えで聞いたらしい。
普段、関西から多くの麻雀の知り合いが、大会のためだけに東京にきて打つのに。その逆が無いなんて、、、、ってときにこの大会のことを関西の友人から聞いたらしい。
 
 たぶんもっともっと宣伝すれば、東京からきて打ちたかった方、いるんじゃないのかしらなんてね。

 近代麻雀とか他の雑誌に広告のせるとかは経費もかかるとは思うので、てっとり早くて手間にならないのはネット配信とか、ツイッターとかでとにかく告知するとかかしら。。。

 店舗予選抜けただけで、小林プロや石井一馬プロとか超有名プロと打てたり、さらにベスト48に残ると

 雀王 鈴木たろうプロ
 最高位 村上淳プロ
 将王 清水英二プロ
 RMUチャンピオン 多井 隆晴プロ

と同じ条件で打てるとか、まさに夢のようなのに。

 私はツイッターで情報を得ることが多くて、考えかたも傾いてるかもしれないが、大会専用のアカウントを作って
プロフに麻雀ってかいてある人すべてフォローしてとにかく大会のこと宣伝してほしかった。
それか参加シードもってる方に告知をとにかくしてもらうか。

 誰も知らないビックタイトルなんて、意味ないし。
ってか1回目なんだよ!!それってすごいのに・・・「ヴェストワンカップ初代チャンピオン」とか素敵だから、もっと参加者いてもいいのになぁなんて思いました。

 今朝たまたま見かけたヤフーの記事の藤田社長(昨年の最強戦の最強位)引用なんだけど
『ネットの人気ぶりで、お金が関係しなくても、ゲームとしておもしろいことがはっきりした。ただ、やっぱりリアルとネットは違うので、ネットで力をつけた人は、リアルでもどうですか、と思います。残念ながらリアルの方は、お金に関係なく夢中になれる仕組みが確立していない。僕みたいな人は大会に出ていれば、お金が絡まなくても、(プレッシャーで)ガタガタ震えながらできるんですが(笑)。』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00000042-nksports-ent)

 ってある通り、ネットだけでなくリアルでも麻雀を、緊張感たっぷりに打てるせっかくの機会なのなぁなんて思う。



2つ目は「誰が運営なんです?不公平すぎません」って話。
店によって対応の仕方が違いすぎる。合計で3店舗参加したけど、あまりに違いすぎる。
「連絡の方法」「親決め」「賞金制度」「受付の対応」「成績の管理」とかとか

最強戦は雀サクッさんや麻雀王国さんが受付とかしてくれて、Peatixとかでチケット買えるから安心して参加できる。
今回は誰なんですか。曖昧すぎて本当に嫌だった。

まず参加する店舗に電話したときなんだけど(店舗ことに123って分けて書くと)

1 電話での参加は申し受けてないので当日きてください
2 はい参加ありがとうございます
3 同上+前日に参加できるかの確認の電話

おいぃぃぃい!!この差はなんですかかあああああああ!!!

親決め
1 とりあえず正式なやつ(1p2p入れるやつ)で
2 風牌つかみとり
3 同上

とりあえず、正式なやつのやり方知りらないよおおおおおおおお。初めて見たよ、、、、

賞金制度
1 店舗予選5位まで賞金がでる
2 告知なし
3 告知なし 

受付
1 運営っぽい人が対応する
2 怖い人
3 めっちゃ愛想のいい店のメンバーの方

成績の管理
1 手書き張り出し
2 大きいテレビに映し出す。
3 ネットで随時配信

参加費5000円は変わらないのにこの対応の差は、怒りますよ。

特に最初の店舗の運営みたいな人が好きではない。黒子かと思ってたら、あなたも参加者かよっっ!!ってなった。
半分運営で、参加者で。その方が店の常連押しのけて賞金とるとかちょっと萎えます。
ってか運営しながら大会さんかするのはアリなのか??成績入力するときとか悪いことしようと思えばできちゃうのでは。
イライラして、結局その半分運営ぽい人はTwitterでフォローされたけどフォローし返してない。嫌いかもしれない。もう!!

あと店舗予選には関係ないけど、名前表記でWWの方に@~がないのは仕様なんです?プロ認定でないのかしら……ちょっと……

3つ目は、「所属ことに分かれるの仕方ないのかなあ」ってこと。

本戦当日、なんかあんまり居心地はよくなかった。大会の運営の立ち番の方もふらふらしてるし、いや卓が多いのは分かるけど、成績の記入は立ち番ができるかぎり対応してほしい。同卓のプロ任せにするのが当然みたいなアナウンス必要ですか。

 あと選手以外の方の観戦。プロ同士ならいいんですか??一般の方でももっと観たい人多かったんじゃないのかな。プロは会場に入れるの?

大会始まってるのに、ソファーとかでにこにこおしゃべりしてる観戦しにきたのか参加者ではないプロさんとか関係者さんを視界に入れたくないな。

 プロでも店舗予選抜けてきてる人が多いのも知ってるけど、あまりに一般の方とプロの方の休憩中の集まり方が、好きではなかった。

 かまってもらえなくさみしい><とかではなく、多くの一般の方は何を思うのかなぁなんて。
私は、最強戦で知ってる顔みしりの方いるし、この大会で仲良くなった方もいるから話せて時間潰せて大丈夫だけど。


 そんななか、自己統一のためか、続きが気になるのか分からないけどもくもくと小説の単行本よんでるプロにすごく好感が持てた。

 なんだか「麻雀普及委員会」ってあるけど、誰に普及するのかなぁなんて思うよ。本戦の休憩のとき。

プロは媚を売ってほしいとかではない。もっと知らない人と話すとかすればいいのに。
すごくもったいないと思うんだけどな。

 仕事いく時間だー。

 ではでは、さらばです。今月から最強戦も始まるので、がんばります。まずは10日。





 
プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。