スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック


 途中まで書いてたブログが消えちゃってショック。
 もう今日も雑に書いていきます。

 女の子だけの麻雀サークル。最近気になってます。私は参加しませんが、うまくいくといいなぁって思ってます。

 正直、教えるの難しいってのは経験則。自分でサークル立ち上げたとき同期の女の子6人に教えて、今でも好き好んで打つ人、実は0人なんです。
 Yちゃんは別のサークルの先輩から学び、私たちが作ったサークルに4年次から入部いた方なのでカウントしてません。

 私の後輩に女の子で打つ子が多いのは、そもそもその失敗もあって教え方変えたからかも。
実際、一番最盛期で146人居て、そのうちの15人くらいしか教えてないけどね。私は。
あとは初心者講習会を開いてくれたA庭ちゃんのおかげかな?

 あっ、今大正大学の麻雀部からふぁぼられたから、これも縁で大学のサークルと部活の話を書こう!

 自分が大学2年の夏に「麻雀サークルを作らない?」ってK会長に声をかけてもらったのが全ての始まり。
K会長とはもともと英語の授業が一緒で彼が友達と麻雀の話をしてたから、逆ナンなみに強引にアドレスを交換。
 残念ながら大学1年で麻雀を知った私は、打つ環境がなくて。いつもそういう場所を探してた。
 周りは「ギャンブル」としか麻雀を認識してる人しかいなくて。ハンゲで打ってましたw

 ってことで、二人でサークルを作ったんですね。
彼の目指したサークルの理念はとても簡単で。「お金がかからないサークル」「男女比が同じサークル」の二つ。
 彼が出会い厨だったとかでは、けっしてないです。ただ、あまりに女性と話せない人でw社会に出たら困るから慣れるためってので掲げてた。
 私も彼も共通して麻雀が好きだったけど、でも後者側の目的のためにもあえて、「麻雀サークル」ではなく「テーブルゲームサークル」ってことにした。誰でも入りやすくして、後から麻雀に取り込んでいけばいいってスタイル。

 その結果、スタートが12人くらいだったけど初めての新歓で80人くらいはいってくれた。まぁ門戸おおぴらに開放してれば入るよね。その後輩たちがかわいいんだなぁこれが!!ってのは置いといて。

 麻雀部が出来たのが、私が大学4年のとき。サークル3年目に当たる年。
そのサークルに麻雀好きでそして強い子たちが一気に入った個人的には運命的な年。
その強い子たちが麻雀部を設立したんだよね。。

 まぁ、彼らは気がついてたんだろうなぁ。私たちが作ったサークルは「コミュニケーションツール」として、「ゲーム」として麻雀していたことに。
 彼らが求めたもの、たとえば戦い方のセオリーも鳴きの技術も私は考えたことすらなくて。
ただただ、純粋に「トップを目指す」麻雀。自分の信条のある打ち方しか意識してなくて。

 目指すところが違ったんだよね。
 私はどちらの考え方も好きですよ。だって麻雀だもん。
 ただ、私の後輩の麻雀を馬鹿にするのは許さないってだけで。

 まぁ、今でもどちらにも所属してる子は多い。
 ただ、私が卒業してからはやっぱり変わった。

 最初から「競技」として麻雀を打ちたい人は「麻雀部」へ。
 「ゲーム」、「コミュニケーションツール」として麻雀を打ちたい人は「テーブルゲームサークル」へ。

 それがいいことなのか、悪いことなのかは全く判断つかない。ただ、麻雀やりたい人の多くはキャッチできてるんじゃないかな?とは思う。
 
 「テーブルゲームサークル」のいいところは基盤がすでに固まってるところ。
4、5月に初心者講習会。6月に麻雀大会。10、11、12月に三ヶ月のリーグ戦。

 「麻雀部」のいいところは、他の大学との交流が多いところ。あとは所属したことないから分からない。

 他の大学は多分1つしか麻雀できるサークルってないのかなぁ?とも思う。その中で目的意識が違うもの同士が共存するのって大変だろうなぁとも思う。
 温度差があると面倒だよね。まぁ、私もその温度差でめちゃくちゃになったサークルを経験したから、「自分の作ったサークルはそんなことにならないように」って用心してルール決めたから、今も「テーブルゲーム」の方は続いてるのかも。
 
 あ、超長いwここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。

 なんにせよ、私は麻雀も後輩たちも、同期も愛してます。
 
 ではでは、さらばです。

 

 
スポンサーサイト

ぽけぽけとぬけぬけとまったりと

 この前の脱衣麻雀の結果書こうと思ったら、あまりに内容が濃すぎて面倒になったので、ぽけぽけと適当なこと書きます。
 ちなみに四枚残った私がダントツでポイント高かったです。

 ぬけぬけとまったりとお布団に入ってます。温かいのだー(*´▽`*)

 ちょっとかなり最近、麻雀押しすぎだなぁって思うので反省を込めて3月は読書月にするってぽけーと考えてる。
 積読が多すぎ。
 あとは、野々宮さんに薦められたら麻雀本も今日、ちゃんとアマゾンで買ったから、お勉強するの( ´艸`)ヘヘッ

 ただ、3月は何かと予定が多いので、頑張って時間作る!

 名古屋に一人でぶらりと行くんだけど、さすがにノープランは良くないので、今からちょっと考えてる。前泊つくば、一泊名古屋、一泊東京とかかな?

 名古屋に知り合いがいない…いや弟がいるから行くんだけど、うーん。。。一人で晩御飯は寂しい。。。
 確実に一人でご飯なんだよね…

 誰か、一緒にひつまぶし食べにいく人いませんか?
 ご飯さえ、一人じゃなければあとはフリーで時間つぶせるからいいよね…あとは大学の図書館でふらふらしてればいいし。

 結構悩んでます。

 でも、まだ女子高校生と呼ばれる時期のに一人吉野家をやった私には入れない店はないんだけどね(高級料理店とかは無理ですが…)

 にゃー

 ではでは、さらばです。

大好きなメンバーさんの引退

 大学前の雀荘のメンバーやってるS塚くんが大学を卒業するので、引退になりました。メンバーである最後の日に、挨拶だけしにいきました。
 大学前にある唯一の雀荘なのに、なかなか学生の入らない雀荘。癖のある強いおじさまが多い店でもあります。
 先ツモ多いけど、無発声もたまにあるけど、にこやかな雰囲気のお店。
 店長さんも、素敵な人です。そして、メンバーさんたちが超好き。っていっても三人しかいないけど。

 S塚くんは、私に牌の切り方を教えてくれた二人目の人です。基礎は部長の今夜は役牌バックくん。
 上司に、牌の切り方もまた麻雀の楽しみ方の一つって教えてもらってから色々な人に聞いてるけど、まぁ練習してないので身についてないのが現状。
 ただ、S塚くんは切り方だけじゃなくて、牌の切ったときの音の良さを語ってくれて、その話が私の麻雀の音に関する軸になってます。

 「基本的に、自動卓だと河にあたる部分は空洞になってるから、きちんとした角度と的確な力加減で打てれば、乾いた「タン」って音がでるんですよ。俺はその音が好きなんですよね。」って。

 その言葉を聞いて麻雀覚えたてのときに読んだ、「雀鬼流への道」って本に載ってた言葉も思い出した。「リズムよく4人で麻雀打つとまるで、雀がさえずるかのごとき音が続く」ってような感じの話。

 私の周りにもいるんだけど、どうしても強打ばかりになる人がいる。確かに強打が必要な場面もあると思う。ここぞってときは強打しなきゃダメですよーってピンに通うお兄さんに言われたこともある。
 でも、全てを強打するのは私は嫌いです。牌も卓も痛むし。何より毎回強打ばかりだとその音を聞いてる周りの人も不愉快になるんじゃないかしら…
 強打は確かに気持ちがいい。それは音がでやすいから麻雀を打ってるって実感が湧くからだと個人的には思う。私も強打が多くなっちゃうときもある。でもそれって、あまりに自己中心的打ち方すぎて、オナニー麻雀野郎になっちゃわないかしら?
まぁ、私は女なので、自己中麻雀女の方が言葉的に正しいのかな?

 S塚くんの言う打牌音を私はまだ、出せないけど、強打しなくてもいい音が出せる雀師になるのが私の目標です。

 ってことで、大好きなS塚くんの後ろ観をさせていただきましたが、カッコよすぎて涙出るかと思った。゚(゚´Д`゚)゚。
 その日初めてのお客様が彼の下家にいたんだけど、負けて負けてたのね。下家さん、ラス半コールかけてからの東2でチョンボしちゃて。もちろん、罰符。
 その後、やり直しの東2。今度は下家さん、ドラをポンしようとして、「ロン、あっいや、ポン!!」って言っちゃって。
 後ろ観してる身としては、ポーカーフェイスで何も言わないけど、心の中では「きゃーーー、あがり放棄?えっ、倒牌してなくてもまたチョンボなの?」ってビクビクしてたんだけど、何事もなく局がすすみました。
 個人的には「あり?」ってハテナが浮かんでたけど…まっ、結局その局は流れちゃって。
 東3流れ一本場を迎えて、牌をとるときに、すかさずS塚くんが、
「さっきの発声なんですけど、「ロン」と言ってしまうと誤ロンで基本チョンボになってしまうんで、気をつけて下さいねー。さっきのは「ロ…」くらいしか聞こえてなかったんで、全然大丈夫ですけどね!でも、気にする人は気にするんで気をつけて下さいねー!」って明るくにこやかに指摘してました。

 東2その場ではなく、東3に入ってから指摘すると、もうその局は過去のことで、反省しやすくて、揉めなくて…ってメリットがあるんですね。

 メンバーさんたちには当たり前なのかも知れないけど、私には新鮮で(私、その場で怒られて育ったので)いいなーって思いました。
 
 なんか眠れないから長文だー。
あとはね、その日は後輩のナラくんもらったったもS塚くんの引退のためにわざわざ顔だしにきてたし、(ちなみにナラたんは大三元つもって10枚オールわははやってた。)、今夜は役牌バックももちろん来てた。そして、その日が引退だってみんなに教えてくれたし、隣の県からわざわざS塚くんの為に来たしょうこママにも会えて良い日でした。
 しょうこママは、S塚くんにピンクのネクタイとウイスキープレゼントしてて、人間力溢れ出てた。ちなみに私はプレゼントなかったー。うわー、女子力ない私、残念すぎたー。

 とにもかくにも、S塚くんのようなメンバーさん、麻雀の打ち手さんに会えて良かったです。

ではでは、さらばです。

アドバイスをいかせない麻雀

 2月23日 パンダ三号店にて
面子 るりね、らったった、今夜は役牌バック、ナラ、しょうこまま
雀荘ブラックルール 5-10-20 チップ+2

るりね ▲65(そのうちチップ▲18)
1-0-1-2

 件のイライラしながら麻雀打った日の戦績です。せっかく久しぶりにしょうこママと打ったのに青筋たてながらで申し訳ない。

 アドバイスもらった通り、「押しすぎない」で打ってたんだけど。なかなか上手くいかないで。バランス難しいなぁ。
 うーん。

 失敗したのは、染めではなくても色が重なるところの枚数を数えること。牌姿をφ(..)メモメモすれば良かった。
 相変わらず苦手なのは訓練してないから。

 麻雀愛、最近不足してるのかも。切り方の練習もしてないから、あまり良くない。
 リア麻はちょくちょく打ててるけどね。

 その麻雀愛の姿勢では、らったったって後輩を見習いたい。大抵、電話すると何切るか、天鳳か、リア麻か、他面待ちのすばやく見抜く練習してるから。
 努力を努力と思わずに、努力してるのはすごいよね。
 彼が麻雀部で一番初めに鳳凰卓にいけたのも納得。

 彼を手本に3月はがんばる。
2月はね、もう修羅場なので。

では、さらばです。

傷心

 発声は大きい方です。自分自身耳が遠いのもあるけど、やっぱり相手に聞こえないと発声ではないから。

 発声で、からかわれるとか久しぶりすぎて萎えてしまってます。確かに私も女なので声が高いから響くのもあるけど。

 あっ、以下多少愚痴になります。申し訳ないです。

 セット専門店で打ってたんだけど、隣の卓の方が私の発声、口調のマネしてたんですよ。気のせいなら良かったし、気にすることでもないんだろうけど…
やっぱり気にしちゃって。
しかも、その隣の卓の女性も笑ってて。

なんだかしょんぼりしちゃいました。

うーん、気にしなければいいだけなんだけどね。

 ため息ですね。

ってか、もうね、女の子とか女が麻雀してていいじゃないですか!!って論点ずらすけど、そこからなんだか久しぶりにイライラしてる。

たぶん、昨日初めて会った人に対して私を紹介してくれた人が「フリーも一人で来てくれる」って言葉を言ったときの、反応から全てこの憤りが生まれたのかも。

そんなに驚かないでよ。悲しくなるじゃん?って感じ。

まずね、フリーでも女性場代半額とかあるのが、嫌。お客さん増やすためだって分かってるけど、女性だからって区別は好きじゃない。

いや、実際女性に麻雀強い人少ないのは事実かもしれないけどさ。
とある麻雀本を書いてる人も言ってたけど、女流プロの強い方って男子プロの真ん中くらいの実力らしい。

ああ、なんかもういやーだー(´・ω・`)

性別だけで麻雀呼ばれる身にもなってみてよ。
「私と打ちたい」じゃなくて「女の子と打ちたい」って理由で私をセットに誘う人は、おかげさまで少ないけど、それでも半年に一度は「女の子と麻雀したいって友達がいてさー」とかでセットによばれる。

ふざけないで欲しい。

そして悔しい。

麻雀の実力ではなく、性別で誘われるなんて情けない。
大嫌い。

とりあえず声マネしてきた隣の卓の人たちみたいな人に今後会いませんように。って祈る。

 ではでは、さらばです。

押しすぎ麻雀

 2月22日 麻雀大学五筒にて
面子 るりね、今夜は役牌バック、野々宮さん、Yちゃん
0-10-20
るりね +3 2-0-1-2

 昨日は、なんと野々宮さんが遊びに来ましたー!茨城の雀荘巡りをしたいってことで(*´▽`*)
結局、二軒しか回れなかったけど、地域性があって面白かったらしい▽・w・▽

 4人で行動してました。みんなで、石焼きビビンバ食べて、麻雀して、温泉入って、いっぱいしゃべって!

 楽しかったです( ´艸`)

温泉に入った後、麻雀するかなーって思って、自宅を超片付けたけど、そんなことにならなくてちょっと寂しかった(>_<)
煙草の煙が苦手で、手積み麻雀が好きなYちゃんもさすがに疲れてたし、何より野々宮さんがグロッキーでしたので、早めの27時解散でした。

 野々宮さんに私の麻雀のコメントをもらえて、為になりました。一言で言うと「押しすぎ」。
 リードしてるトップ目なのに、ドラポンに愚形リーチで対抗しちゃったりするのは、確かに良くないよね(´・ω・`)ヤッテシマッター

 あとね、もうちょっとコメントもらえて嬉しかった!
 参考にして、精進します!

ではでは、さらばです。

服装

 好きな服装すればいいとは思うけど、まぁ似合ってた方がいいよね。

今、「似合ってた方」の「ほう」って打ったら予測変換で「鳳」が一番にでてびっくりした(*゚ロ゚)
天鳳の影響だー。

 それで服装の話ですが、まぁ服装次第でイメージって変わるので、なるべくなりたい自分のイメージでたまに選びます。
 しかし、それは最近のことです。

 センスというものから縁遠いので、友達に一緒に買い物、洋服合わせ会とかなんだりやって見れるようになってきたってのが現状です。
 うん、本当に。

 たまたま高校が私服登校のところだったから、洋服問題って昔から悩んでるのに。
 洋服難しいよー(>_<)

 今、クローゼット整理してて飽きたのでこれを書いてるんですけど、クローゼットもごちゃごちゃしてるだけあって文章もあっちこっち行ってますね。

 フリフリの白いスカートがでてきて、衝撃を受けました。
 フリルはね、私はNGですね(*´・ω・)
いや、着ればなんとでもなるんだろうけど、たぶん似合わない。。。

 ってことで、もう今日は白いセーターにこの前買ったショートパンツに、お気に入りの灰色ブーツにします。
 ショートパンツは友達に「買いなさい!」と強く言われ、ついに買っちゃいました。デニム生地のがなかったので、ほへーと買ったやつ。
 本日、初めて着るので友達のコメントが楽しみ(*´▽`*)

 


 服装といえば、個人的に夏はどうしても着たい服がある。じゃあ、着れば?って話なんだけど、もうね、悶絶するくらい私が着ていいのかー!(*`Д´*)って早四年悩んでる。そもそも買うのも勇気がいる。
夏のボーナス次第だよね…
 ではでは、さらばです。

麻雀大学 五筒

 2月17日 麻雀大学五筒にて
面子 るりね、D&F、らったった、のんさん、ナラ
3-10-20 鳴き祝儀 

るりね ▲51(チップ+2)
1-0-2-1

結構悩んでたお仕事が終わったので、麻雀しに行きました( ´艸`)
楽しかったー!
放銃率、後半高めだったのは反省してます(>_<)
あとは、ダマに対しての警戒がまだまだ甘いので気をつけます。


昔、雀荘デビューした直後とかに、お客様のおじさまたちに「お嬢さんが分かるようにリーチ縛りにしますか!」って煽られたことある。ダマではってるかどうかって、私はまだ直感と中よりのツモ切り三回連続くらいでしか見分けられないんですけど、他の方ってどこで見てるのかな…

ちなみに、その雀荘のおじさまたち、最初はニコニコしてリーチしてくれたのに後半はやっぱりダマにしてて、面白かった。
おじさまたち同士で「あれっー!ダマにしない協定どこいったー?」とか話してて。

今じゃ、そんな協定もちろん設けてもらえないけど(´・ω・`)

しばらくセットしかしてないので、そろそろフリー行きます。
明日(*´▽`*)

ではでは、さらばです。

TDCの感想

 たまたま天鳳ダンスクラブの映像を拝見した午前10時。回顧回顧でもやもやなので感想を気ままに書きます。アウトプットしないとインプットできないので。ねむねむなので、話ぶっとんでも御容赦ください。

 ダンスは良かった。カッコいいなぁってのが強い。
 だからこそ、撮り方と入り方が惜しいと思う。学生時代のほほんと自主映画撮ってたので、ダンスよりそこに目がいってしまった。
 せっかく「天鳳」という括りで、背中にその名を掲げてる公式のクラブなので、最初は雀荘スタートではなく、やはりパソコンの画面から入った方が個人的に好みだったかも。
 私の周りで天鳳をやる人は音楽をかけながら打つ人が多い。だから、最初はダンスに使用する音楽を聞きながら天鳳する人スタート。ラスの画面→溜め息まじりに「END」をクリックする音と同時に体育館にとんで、ダンス…とかどうかなぁ?それも結構無理やりかしら。

 ダンス後は、音楽が終わると同時に目覚める人。再びマウスをにぎるって夢オチ。
オチがないより締まる気はする。

 ダンスを撮るのも難しいと思う。実は、私もダンスを取り入れて自主映画撮ったことがある。だから回顧したんだけど。「スーツと男たち」っていう個人的にスーツが好きってだけで、勢いで撮った映画。大学の授業一週間まるまる休んで自主映画作ってた時期もあったんです。
 梯子に登って上から撮影したり、顔がしっかり写るようにしたり大変だった。何より編集に時間がかかる。
それでも、自分がやりたいように好き勝手やれて大満足でした。

 大切なのはどれだけ好き勝手やれるかだとは思う。でも、名前に天鳳を掲げてるなら筋書きだけでもきちんと「天鳳」を軸にした方がよりカッコいいし、素敵だと思う。あくまで個人的な感想です。

ちなみに、パーカーとジーンズ姿の福地先生に和んだのは私だけでしょうか?
次の動画にも期待してます。

ではでは、さらばです。

高速道路

 高速道路で研修行ってきました。長距離運転疲れた(>_<)

 でも、運転は好きです。

 今日は、麻雀大学って店でのこと書きたかったけど、まだ仕事あるから明日書きます。
 明日は、後輩たちが交流戦とかで東京に行くらしい。楽しんできて欲しいなぁ。
 4つの大学で交流とか素敵。色々な人と麻雀できる機会があるのは素直に羨ましいや。

 とりあえずコーヒー飲んだら、もう一踏ん張りしてきます。
いや、あと3踏ん張りくらいか?

ではでは、さらばです。

麻雀を教わる

 ただいま、カフェにて連絡待ち。あと20分して連絡なければ大人しく帰ります。1人で夕食はときに淋しいものなので。

 2月15日 今夜は役牌バックの自宅にて
面子 るりね、Yちゃん、今夜は役牌バック、ナラちゃん(麻雀部、天鳳六段)
0-10-20
るりね ▲2 1-0-1-1

反省としては、芋焼酎飲んでたのが悪かった。テンション高めのうるさい私でした。
トビラスで酔いが覚めて、最後の局で+69のトップをとっての▲2。
リーチに対しての押し引きはいつも通りできたけど、上家に鳴かせすぎた。
あとは、細かいミス少々。

手積み麻雀は好きです。大学四年間山積んでたので。

フリーに行き始めたときに、お客さんのおじさまにすぐに手積みでやってたの、バレたことがある。
そのときは、山を前に出すときに癖で割ってしまってたから。
なんだか恥ずかしかったので、直したけどときたま無意識に割ってる。癖が多くてすみません。

Yちゃんがニコニコしてたのが嬉しかった。
彼女とは、その日一緒に海の見える温泉に三時間くらい入って、美味しいお寿司食べたから、ご機嫌だったのもあるけど、たぶん麻雀できたからだろうなぁとも思う。

彼女は基本的にノーレートで、っていう考えがあって。ゆえにフリーには行かない。ノーレート雀荘なんて、そもそも近くにもないので選択肢になく、また、彼女の中で麻雀とは「仲の良い人とのコミュニケーションツール」って部分が大半だから、なかなか麻雀できてないみたいで。
天鳳は、麻雀ではない。ってのも面白い考えで。「天鳳は天鳳。」って割り切ってるのは彼女らしいともいえる。
私は麻雀したくてたまらないので、フリーにも行くし、相手の提示したルールで戦うことに昔決めた。もちろん、天鳳も麻雀だと思う。少しルールが違う麻雀って感じ。

そこが彼女と私の違いだけど、麻雀を教わった経緯とか、まぁゼミが一緒だったので同じこと学んできたので大抵考え方は似てる。

麻雀を教わったのは、お互いに大学の先輩からだ。
同一人物からではない。私は女性の先輩、彼女は男性の先輩。所属していたサークルも異なる。
雀荘とかでたまに聞かれるけど、恋人から習った訳ではない。習うというよりは影響は確かにあるだろうけどね。

麻雀を教わるってのは、本当に運だと思う。教える人によって、麻雀できるようになるか変わる。いや、これは麻雀だけに限らないのかもだけど。
私も、彼女も教えてくれた人が素晴らしかったんだと今更ながらに思う。運が良かった。
簡単に書いちゃうと麻雀を教えるには「根気」と「相手の選択の尊重」、「言葉」が大切。

「根気」ってのは一半荘二時間から三時間に耐えられるかどうか。「早く切って」なんて言わないで相手の選択を待てるかどうかだと思う。
「相手の選択の尊重」ってのは、相手が何をきってもいいよーって雰囲気を作って、その選択を理解してあげること。それと同時に役とか牌効率を教えてあげれるかどうかが大切。
「言葉」は言葉だよね( ´艸`)まずは言葉ありきってまま。麻雀用語難しいんだもん。

 ああ、暇すぎて長文になってる。

私に麻雀教えてくれた先輩は、すごいと思う。わざわざ自分が麻雀したいってために電車で1時間かけて来てるのに、飛び入りで麻雀教えてください!っていう超初心者を暖かく迎えてくれたから。
実はその先輩とは、麻雀教えてもらった日と追い出しコンパの二回しか会ってないけど、言葉に尽くせないくらい感謝してる。
私にとって、麻雀の出会いって意外に衝撃的で、細かく覚えてるんだけど、(ちなみに最初に聴牌したのはチンイツ、あがったのは白のみ)他の人ってどうなのかいつも知りたくなる。
とりあえずYちゃんの麻雀との出会いを温泉の中で聞けたのは楽しかった。

これから麻雀部とか麻雀サークルのある大学は、新入生歓迎会とかで麻雀を教える機会が増えると思う。願わくば麻雀好きになってくれる人が増えることを。

私の作ったサークルもそろそろ初代が抜けてしばらく立つから、足元ぐらついてるかもだけど、麻雀初心者講習会に関しては三年目…次四年目?に入るから、たぶん良くなってるって信じてる。
信じてるだけで、自分の手を離れた組織だから見てるだけだけど。
五年はもって欲しいなぁ。なんて、たまたまちょうど、カフェから自分のひ孫的遠い後輩を見かけたのでふと書いてみる。
さすがに駅だと知り合いに会う。狭い世界です。

ではでは、さらばです。

告白

 今更ですが、平井堅の「告白」って曲が好きすぎてどうしようもない。PVが特に好き。
 映画「桜田門外の変」で使われたセットらしい。明日、コンタクト作りに行くときにのほほんと確認してきます。

 2月12日 パンダ二号店にて
面子 るりね、らったった、今夜は役牌バック、白小秋
0-10-20 鳴祝儀 チップ+2 白ポッチ有

るりね 2-4-0-0  +147(うちチップ+16)

福地先生との対局の後、散々電車の中で反省したので、連帯とれました(*´▽`*)反省に付き合ってくれた、らったったに感謝。
あとは、配牌も良かったし、裏も乗る運のいい日だった。

あとは、遊図のルールの影響で今回は白ポッチを入れてやりました。
やっぱり河に白ポッチがでてないときは、リーチするとドキドキしますね。
あとは、皆リーチかけたがる傾向になるのかなぁ?ちょっと雰囲気は変わるかも。

福地先生も青ドラに釣られた役牌バックくんに対して、「チップ比重が高くなると2シャンでも押してくる人はザラにいる」っておっしゃってたから、やっぱり色々なルールとかで打っておいた方が麻雀に幅がでていいのかなぁなんてぼんやり考えてます。

ではでは、さらばです。

じゃがポックル

 お土産なら、じゃがポックルは欠かせないってくらいには好きです。

 戦績が二つ貯まってるけど、時間が限られる日なので、夜書きます。

 やっぱり反省すれば、少しずつ良い麻雀打てるように、自分に悔いのない麻雀できるようになってる気がします。

ではでは、さらばです。

ちょっと東京まで(その3)

2月10日 遊図にて
面子 福地誠先生(ゲスト)、野々宮くん(天鳳8段、学雀連代表)、今夜は役牌バックくん(天鳳7段、とある国立大学麻雀部部長)、るりね(天鳳4段)

遊図のルール(鳴き祝儀、一発裏赤、青ドラ、白ポッチあり)
5-10-20

るりね 1-0-1-1 約▲50

筆記用具を忘れたため、ポイントが不明です(´・ω・`)ザンネン

福地先生にお会いしちゃいました!!!!やったね!きゃーーーー!ってテンションを隠すのが大変でした。サインもらっちゃいました(*´▽`*)「結婚は2確ぞ!!」って言葉でした♪ちなみに男性だと「結婚はラス確」らしい。

ファンというよりは、尊敬してる方なので、本当に良かったです。
私は文章を書く方がそもそも好きで、特に難しい内容を分かりやすく書く人が好きなんです。京極夏彦さんとか森博嗣さんとか。
福地先生の麻雀の本だと、例え話が好きです。本当に分かりやすくて。


ってことで、緊張してたので打つより後ろ観をしたかったのですが、先に座ってたお客様の「打つの打たないの?」という言葉に条件反射的に「うちたいです!!」と答えてしまったのは私です。
天鳳7段の、らったったくんの方が間違いなく巧いのに、私が卓に入ってしまいました。
でも、らったったくんが後ろ観してくれたおかげで、打った後に色々教えてもらえたから良かったってのもあるけど。

反省点の多い麻雀を打ちました(>_< )
まず、点棒状況を把握できてなかった。それに、何したいの?っていう手組で打ってたし、牌理ミスが多かった。
あと、一発裏赤のときの癖が治らないのも致命的。
「もうオリる」って決めたら、反射的に一発消す鳴きいれてしまうんです。
緊張してても、癖がでるのはなんだか微妙でした。
まだまだ色々課題があるけど、一番ダメだったのは、流局時、相手が聴牌で倒したときのあがり待ちの確認ができてないこと。その場で聞けば良かったんだけど、私のハイテイで捨てた6ピンであがれてたんじゃない?って聴牌が1人いたと思う。その場で聞けなかった私、良くないや。

反省点の多い麻雀でしたが、超楽しかったです!!!!!
福地先生、素敵メガネダンディーな方でしたし、野々宮くんはいつもの通りカッコいいし、役牌バックくんは青ドラに釣られて面白いことしてたし。

麻雀の後、ご一緒にビールも飲めて、ハイテンションでしたー( ´艸`)
緊張して、味なんて分からなかったけど。
色んな話が聞けて、貴重な体験でした。
ありがとうございましたって心から叫びたかったです。

その後、皆で野々宮くんのところに泊らせていただき、次の日の昼に、彼イチオシのチカラ飯という美味しいご飯を食べて帰ってきましたー。
素晴らしい2日間でした。

また今度、仕事が落ち着いたら全力で遊びます。
仕事といえば、私も女なのでできれば若く見られたいため、野々宮さんが福地先生に「大学の麻雀部の繋がりで遊びにきてる人たちで」って紹介してくれたのは嬉しかった。あわよくば、花の女子大学生に見られたい!!!と思ったので、断定的表現は避けて(嘘はよくない)通せたーと思ってたら、普通にTwitterで大学生じゃないってバレてしまいました(*゚ロ゚)
残念。

麻雀部ですらないのが、また苦しいところ。麻雀好きな社会人なだけなんです。

ではでは、さらばです。

ホワイトデーは三倍返しで

 福地先生との対局の話を書きたいけど、あまりに仕事が終わらないのでまた今度。

 東京でセットした際、みんなに白い恋人を渡しましたが、あれはバレンタインデー意識です。
 口頭でも伝えた通り、三倍返しして欲しいな♪っていう図々しい干物女。

 楽しみにしてます。

職場で、「作るの?」と聞かれて、「いやー、作らないです」って答えたら

「そうだよね、でも聞いてみた!優しいでしょ、この気使い!」との返答。

 正体バレすぎてて、仕事しやすいよね。

ではでは、さらばです。


 

ちょっと東京まで(その2)

 2月10日夕食後
場所 パターン 
面子 るりね、神芝居くん、袴田さん、今夜は役牌バック
0-10-20  祝儀なし
るりね ▲48 0-0-1-1

 夕食は皆でファミレスに。すでに眠たそうな野々宮くん、元気いっぱいの神芝居くん、やけに4月後半押しのメキロスさん、可愛いナナダマくん、ニヒルな袴田さん、人見知りのらったった、シベリアンハスキーみたいな顔した役牌バック。
はい、普通に楽しかったです。

その後、みんなで福地先生ゲストの遊図へ!!
混んでて打てないし、後ろ観もできない店の奥の奥に先生はいらっしゃいましたー
残念。
24時までいらっしゃるってことで、一度またパターンに戻って打ちながら待つことに。

その2半荘。
神芝居さんの「まごころゼンツ」に押され、ヘロヘロ負けちゃいました。
自分はダメな打ち込みもなかったから、まだ良かったけど、気がついてないだけでたぶんミスしてるんだろうなぁ…。
話は変わりますが、神芝居さんから「裏手切り」(正式名称じゃないかも)を教えてもらいましたー
カッコいい切り方です。難しいけど…

ちなみに、もう一つのメキロスさん、野々宮くん、らったった、ナナダマくんの東風の卓は嵐のごとく鳴いてたようで、鳳凰卓の方々の怖さを知りました。

終電の関係もあり、そこでmjktの方々とはお別れ。
また打ちたいなー

その後の話はまた明日書きます。
ではでは、さらばです。

空白

時間が限られてしまったので、東京の話は明日に。

「整形して結婚する」、「大学出て、働く」という選択肢を提示されたことがある。

どこぞの三文小説かって感じだけど、実際あった話。

たまたま上司と整形の話になって思い出した。

結局、後者を選んだけど、それが正解だったかはまだ分からないやー
とりあえず、油のたくさん浮いた豚骨ラーメン食べ終わったから、今日も気ままに打ってきます。

神芝居くんに、「なんで干物なんですか?」って聞かれたけど、
私の最近の優先順位が「仕事、麻雀、恋愛」だからなんだよね。ってのが二番目の理由。
一番は、大好きで尊敬してる上司の私の評価が、「干物女」だからなんです。

あっ、今日は白ポッチ入れるみたい。
ではでは、さらばです。

ちょっと東京まで(その1)

 ちょっと2日間ほど東京に行ってきました。私の職業的に休日2連休が久しいので、ちょっと遠出しよーと思ったのがきっかけ。

 運良く遊図で福地先生ゲストもある!→三鷹にいこー( ´艸`)→野々宮さんにも会いたいな!→慶應の皆さんとも打ちたいな!!!って具合に欲望のみが大きくなり、まぁノープランで行ってきました。

 麻雀部の部長の今夜は役牌バックとはらったったを連れて。
 内容の濃い2日間でした(*・ω・)3日に分けて(麻雀の内容で分けました)書きます。

 2月10日
はい、三鷹に着きました!その直後野々宮さんと共にTJさんとまなみさんとタコスさんにお会いしました。
数分だけでしたが、お見かけできただけ嬉しかった(*´▽`*)TJさんゲスト、行きたかったなぁ。

 その後、集まってくる今日の面子。らったったと神芝居さんが来ない。
 しょうがないので、置いて行きました。

らったったは、電車見逃しちゃったみたいで一時間遅刻。神芝居さんは、なんだか色々あったみたいです笑 神芝居さん、コンタクトになってて、衝撃でした。個人的に眼鏡をかけてる人が好きなので、しょんぼりでした。

 ということで一回目の麻雀の戦績。
場所 三鷹のパターンにて
面子 るりね、今夜は役牌バック、らったった、野々宮さん、メキロスさん、袴田さん、ナナダマさん、神芝居さん
0-10-20 祝儀なし 一発裏赤あり 途中流局あり

るりね +34 3-1-1-2

みんな強いのだ。鳳凰卓に紛れた特卓民の図って感じ。
リーチしても回してくるし、蹴られる。
高い手つぶされる。
さすがです。楽しすぎです。
ちょっと+に浮いたから、自分の中ではわりと善戦だったけど、ヌルダマにしてしまった、ピンフドラ2は反省してます。
野々宮さんに後ろ観していただいて緊張してしまったのもある。
あと、、、うーん、やっぱり牌理がまだまだなのを実感した。
さらに中途半端な山読みしてるから、微妙。

とにかくもっと数多く打とうと思えるセットでした。

あとはmjktの皆さんが、すごく好きになったエピソードがある。
基本的に、私はレートかノーレートかどうか、またルールは相手が提案したもので打つことにしてます。相談で決めるんじゃなくて、相手任せにとある理由でしてます。

今回も、どうするか聞いたときの一言がすごく良かった。
「ノーレートがいいですね。」
「ノーレートが」ってのがいい。
これが「ノーレートでも」だったら、印象変わってた。

レートをかけたがる後輩に「なぜレートをかけたがるのか」って聞いたことある。
答えは「皆、真剣に打つじゃないですか」ってものだった。
馬鹿にしないでよって怒ったのは私です。
自分がレートがないと真剣に打てないからって他の人もそうだと思うのは失礼だから。

「ノーレートが」ってのは、もしかしたら彼らの周りでは当たり前なのかもしれない。
でも、その環境が私の周りにはなかったから、すごく印象的で好感がもてた。
彼らも真剣に麻雀打ってるし、彼らもまた私たちが真剣だって前提がそこにあると思うから。

本当に楽しい麻雀セットでした。
遠くは千葉から来てくれたmjktの方々と、連絡をとってくれた野々宮さんに感謝です。

ではでは、さらばです。

「出会いは実力」

 最近、「出会いは実力」って言葉が頭を巡ってます。
 この言葉は、ゼミの先輩が言ってた言葉らしい。友達に聞いたので、ここに書くことは三番煎じになります。もしかしたら、上手く伝わらないかもしれないけど、電車での移動は時間を余すので書かせてください。

 出会いってのは、どうしても独身の私が書くと「恋愛」のイメージが強くなりそうだけど、全ての出会いのことを指してます。素敵な本、感動する風景、美味しい食べ物、刺激を与え合える人…それらに出会うには、常にアンテナをはってないと出会えない、もしくは出会っても気がつかない。
 アンテナをはる、つまり何にでも興味をもつ実力が大切。
ってことらしい。

 例えば、カチョカバロって食べ物を友達から聞いてなければ、空港で見つけても買う気しなかったと思う。友達も旬な食べ物を私に話すことで、実際食べることができた。
 日本語には「縁」って便利な言葉もあるけど、その縁ってのも実力なのかもね。

 出会いってのは難しい。出会うのも難しいし、その後どうやって付き合ってくのかも難しい。

 私は今でこそ、すごく麻雀が好きだけど、その麻雀との出会いが、最初に教えてくれたのが女性でなければまた変わってたとも思う。
 大学の先輩の家で大勢の男性の中でただ1人女性で、凛として打つ先輩が素敵だったから、麻雀との出会いもまた素敵なものになったんです。
 その後の麻雀との付き合い方は難しかったけど…今でも難しいけど、出会ったのも運命で実力で、大好きで仕方がないから、今日も麻雀の為だけに贅沢に休日を使う私です。

ではでは、さらばです。

カチョカバロパーティー

2月6日 同僚の家にて
面子→るりね、同僚1、同僚の友達のフリーター、Yちゃん
ノーレート ウマオカなし
るりね 得点71200点 着順1-0-0-0

同僚の家に居候してたフリーターくんが、このたびめでたく就職して出て行くというので、就職祝いに行きました。
最初は、後輩の女の子を連れてこうと考えてたんだけど、その日は雪で…
一度中止にしたんです。
でも、Yちゃんが急に遊びに来てくれて。
私、彼女にカチョカバロを買ってきて欲しいって言われてて、それを食べに来たんですね。

女は度胸。
ってことで、雪降った後の道を真夜中26時。片道20分かけて麻雀打ちにいきました。1半荘だけね。

同僚とそのフリーターさんは前から一緒に三人で四麻ルールで打ってて。
今回が初めての4人で四麻ルールでの対局。二時間で1半荘。
長い1半荘でした。でも、手積み麻雀好きなので良かった。

その後に、Yちゃんと二人で食べたカチョカバロがもう、すごく美味しくて美味しくてご機嫌でした。
フライパンにオイルひかないで、焼いて食べるんだけど…
トロトロで濃厚なチーズで、2人ではしゃいで食べました!

カチョカバロ、オススメです。

ではでは、さらばです。

呼ばれて飛び出てなんのその

2月5日 パンダ二号店にて
面子→今夜は役牌バック、白小秋、バブルスライムくん、るりね
パンダルール 5-10-20 鳴き祝儀 チップ+2換算

るりね▲13 (着順1-1-3-1) チップ+24

 研修でつくばに居て、妹とその彼氏と晩御飯食べてからのセット。意外と疲れてなかったけど、後半観戦者が入ってからは調子よくなかった感じです。

ちなみに、晩御飯はとある定食屋さんで、焼き鱒とホタテのバター焼き定食とあんきも食べてご機嫌でした(*´▽`*)
あんきもは大好き!!
いや、あんこうが好き!

美味しいものが好きー!!!

はい、麻雀に話を戻します。
パンダルールは、途中流局なしなのが辛い。ちなみに、雀荘カフェパンダさんのルールのことです。

呼ばれたので、打ちにいきました。
面子揃わないだろうなー(テスト前なので)と思ったら揃ってビックリ。
あとで聞いたらバブルスライムくん、先輩の顔をたてて大変なのに来たらしい。
なんでも、「どうしても打ちたいって人が三人いるんだけど、どう?」みたいなニュアンスだったんですって。

嘘はよくないよー
どうしても打ちたいなら、私はフリーいくよー
誰だ、そんなニュアンスで言ったのは。
って、モヤモヤしてる。
バレるような嘘はよくないよね。
嘘をつくなら、突き通すくらいの覚悟を持って嘘つこうよ。

麻雀打ちたいってのが4人揃うからのセットで、もし誰かが都合悪いけど来てくれるってことになっても申し訳なさすぎて、気が引けるのが私です。
傲慢で強引な私でも、さすがに親御さんの支援受けて大学にきてるのに、単位より麻雀を優先させろなんて言わない。

うーん。
まっ、テストあるってのに来た人も、結局決断したのは自分だからいいのかもだけどね。

もやもやもやもや。
呼ばれて飛び出て!なんて都合がよい存在と思われてるふしがある後輩くん。
大丈夫かしら??
結局は心配なのだ。

うぬぬ。答えでないけど、一つだけいえるのは「お腹いたいや」ってこと。

支離滅裂ですが、さらばです。

遊図、青ドラの恐怖

 
 2月1日 遊図にて
面子→メンバーさん、るりね、野々宮さん、素敵な奥様(最後の一戦のみメンバーTさん)
東南戦 鳴き祝儀 5-5-10 チップ+2換算(青ドラのみ+4)

るりね 総合+1 (着順回数1-2-0-1)

一度とんだのが残念。でも、+は+笑

青ドラ、白ポッチありは初めてのルールで、楽しかった!!
青ドラは青い5ピンなんだけど、点数は変わらないけどチップが二枚もらえる。
私、ルール間違って認識しちゃって点数も一役増えると思ってたので、自分の手にないときは必死に局消化に心がけてしまった。これは反省点。

下家に野々宮さんだったので、鳴かれないように、または鳴かれるように考えるのも楽しかった。
個人的にピンズのホンイツをあがられたのは悔しい。
全てピンズ押さえて聴牌とれそうだ…あぁ!つもられたー!!ってのが、結構ショボーンとした。

素敵な奥様に倍萬つもられたのも、ガツーンときた。

なにはともあれ、初めていく雀荘は楽しいものです。
遊図は、個人的に絵本の中に入り込むような印象をうけた。
メルヘンチックって言いたいんじゃなくて、いい意味で異次元的。
個人的に玄関が好きです。

また、今度行きます。週末にふらふらーと。
案内してくださった野々宮さんに感謝です。

お腹いたいよー
ではでは、さらばです。

潔い麻雀

 常に謙虚でいたい、と思うのは自分が傲慢な人であるからなんです。
こんばんは!さっき、セットでイライラしてたのは私です。
たぶん、ホルモンバランスが崩れてて何気ない一言に過敏になってるからかも。
まぁ、そこは置いておいて。

 個人目標の一つに「潔く麻雀を打つ」ってのはある。振ったときは、「はい」ってきちんと言って卓の上に整然と点棒を並べて渡す。ラスが続いても文句や言い訳しないで、目の前の局に向き合う。鳴き忘れてもごねない。河に触れた牌を戻さない。失礼なことをいわない。
当たり前のことかもしれないけど、当たり前を当たり前にするのは難しくて。

私も「目標」なだけで、「三枚壁で、押せばダマ満貫なの」とか言い訳しちゃうし、無意識的に失礼な発言しちゃったり、足組んだりしてしまってるから、まだまだなんです。
でも、「目標」としてあるかないかでは変わるから、掲げてます。

ただ、情けないことにたまにこれを他人にも押し付けようとしてるところがあって、それは良くないなぁって思う。
この前フリーで、打牌速度ゆっくりで、あがれなくても手牌倒す方がいたんだけど、そういう方は全然気にならない。もちろん先ツモもその人の癖なんだと思うから、私からは言わない。
私がとやかく言いたくなるのは、大抵私が好きな人たちに対して。
好きな人に自分の理想を押し付けてしまちゃうんだ。
だって、その好きな人が他の人に嫌な感情とか持たれるんじゃないかって、心配になるので。
もちろん、潔く麻雀打てる人ってカッコいいってのもあるけどね。

あーあ。
今日のセットの後半。
私、かなり無表情で打ってて、黙ってて怖い人だったかも。
自分がラス目8600の南入時、観戦してる人がトップ目43900持ちの方に「早く誰かとばして終わらせようぜ」って言ってるのが悔しくて。
私、東2で自分がリーチした後の追いかけリーチ一発目、当たり牌と思しき牌を誤ツモしてチョンボ支払いのが安いなんて分かってたもん。潔くツモきって12000ふったのは仕方がない。私の実力。
そして、南入したばかりでまくれないなんて思われてた、私って弱いし情けないよね。
結局、トップ目と約2600差でまくれず2着。

悔しい。

悔しくて、今眠れない。
もっと牌絞ってたら…鳴けてたら…河で脅せてたら…
なんて反省よりも後悔しか残らない対局。

情けないよね。

でも、頑張って寝ます。
おやすみなさい(-_-)zzz
さらばです。

traveling

今からセットの私です。こんばんはー!
夜の高速道路は宇多田ヒカルを聞いて走るのが好き。
元気になるから。

今日のセットの目標は、「素直に打つ」です。

あっ、面子ようやく揃った!
ではでは、さらばです。

今、います

 私がよく行く雀荘は2つ。「カフェパンダ」と「ブラック」です。ルールも雰囲気も違うんですが、どちらもお世話になってます。

 そのうちの「カフェパンダ」で私は、松上司という上司と出会いました。普通に対局中には気がつかないで、次の日職場で上司だって発覚した人です。

 転勤してしまったので、出会った当時よりは対局が減りましたが、それでもたまに遊びにいらっしゃるようで。
大抵、メールで「今、います。」って送られてくるのです。
ずるいよね。
「おいでよ」でも、「打とうよ」でもなく、「いる」って事実しか伝えてこないんですよ。
まぁ、挨拶がてら三回に一度は行くんですけどね。結局私は。

松上司は店主さんが、店を立ち上げたときからの常連さんで、顔がききます。
だからなのか、大抵打つとなってもセットではなくフリーとしてご一緒で打ちます。
私、女なので場代半額だからいいけど、上司的にはセットの方がいいんじゃないかなーっていらぬ心配はします。
まぁ、口には出しませんが。

1月25日 5-5-10 面前祝儀 
面子→さとるさん、松上司、るりね、見知らぬお客さん

るりね順位→メモ紛失のため後日書きます
ポイント→▲154

トップとらせてもらえなかったです。゚(゚´Д`゚)゚。
松上司も、さとるさんもまくりにくるんです。
きゃーーーー、怖いよーーー!!ってドキドキしながらのトップ目オーラスとかでも、早あがりしようとしたら、まぁリーチで押さえ込まれるのです。
本場積まれて、エンドです。

残念ながら、松上司とさとるさんの中で私のイメージが良い方向にきてるのかなぁって浮かれてただけに大きく凹んでショックでした。
カフェパンダのいいところは、対局の結果データをパソコンに入れてあるのを、きちんと教えてくれること。
月間順位とか収支とか壁に貼ってあるの。

対局数は少ないとはいえ、昨年平均順位1.8だったので、今回のこの大負けはショボーンです。

精進します。

たぶん、順位は聞けば教えてくれるのでまた書きます。

ではでは、さらばです。

反省と後悔

1月20日(日)
パンダ二号店にて
面子→シヴィトリさん、私、白小抄さん、バブルスライムくん(観戦今夜は役牌バック)
0-10-20 天鳳特南ルール

るりね ▲51 +6  で-45。順位は4、2。

今夜は役牌バックが、誘ってくれてたのを大幅に遅れてからの参加。
私がいないと卓たたないんじゃないか?(人数的に)ってのは杞憂でしたー

初めてシヴィトリさんにお会いしました。三麻鳳凰卓の人ですよーくらいしか紹介してもらえなかったし、私もそこまで自己紹介できなかったので、もしかしたらもう打てないんじゃないかと懸念してます。
それは置いておいて。

私が来たときには、もう終盤で…

「私も少しだけ打ちたいな」ってワガママで打たせてもらいました(*・ω・)

白小抄さんは私のサークルの後輩くん、バブルスライムくんは麻雀部の一年生で唯一セット組んで打つ子。
二人ともよく打つ子たちです。なんとなくお互いに癖も打ち筋も分かりあってるって勝手に勘違いしてるるりねです。

だから、打ち筋はもっぱらシヴィトリさんのに注目しました。
打牌スタイルが綺麗でしたー( ´艸`)
速度も速くて、発声も素敵。

なにより強かったです!!!

だから、よけいに自己紹介を怠ったことを後悔してる。
うん、もう少し紹介できれば良かったのになぁ。

「何かをやらなかったーって後悔より、やって反省する方がいいよね。」ってのは友達の言葉。
反省だと次に繋げることできるし、なにより「やった」ってのは行動してるから、そちらの方が勝ってるよね。

ではでは、さらばです。

波と城の勘違い

 こんにちはー!
昨日は、遊図に打ちに行きました(*・ω・)ノ野々宮さんと一緒にきゃきゃうふふでしたって書くと野々宮さんのファンに滅ぼされてしまいそうですね。
美影プロに会えなかったのは残念。体調良くなることを祈ってます。

詳しい内容は、また今度書きます。戦績はまだ書いてないのが二戦分あるので。

 電車の中なので、つらつらと思いつくまま書いていきますが、ご容赦ください。

 野々宮さんと打つの楽しいね!!後から「なぜもぎリーだったのか?」とか聞けるのが嬉しい。

彼のことに関しては以前も日記に書いたけど、もうひとつ書きたかったことがあるんです。
許可もらったんで、書きます。
野々宮さんと初めて会ったのは茨城県でなんですけど、「茨城大学前集合でー」って約束だったんだけど、約束の時間になっても来ない…
でも、野々宮さんからは「着いた」って連絡があるし…って思ってたら、途中で気がついた。
あっ、間違って「筑波大学」行ったんじゃない?って。
案の定、電話したらそうでした。

うっかりさん、なんだなーってのが第一印象です(*・ω・)
ってことで、一時間ドライブすることになったんですね。

ドライブのときに色々話せたのでいいんですけどね。

あっ、昨日遊図で懐かしい人の話を聞けたの書こうかな?
私は麻雀部のOGとかではないんですが、まぁ単純に私の出身学校の麻雀部の子たちと仲良しなだけで。
ただ、私と同期に麻雀部に入った人たちも二人いる。
一人はしょうこママ。今でもよく打つ楽しい人。
そして、もう一人がテラさんとでもしておきます。
彼は卒業後、メンバーやることになったらしく、まぁ全然連絡とらないので、音沙汰知れずだったのですが…
昨日遊図で、彼と一緒に働いてたってメンバーさんがいたのね。
ちょっと衝撃。
業界的に狭いから、よくあることなのかもしれないけど、私にとっては初めての体験だったので。

まぁ、私にとってテラさんは相容れない人なので、近況がどうかは興味ないんですけどね。


ってのも、テラさんは私の可愛い麻雀を教えた子たちを愚弄したので。
今でも、その後遺症で後輩の一部に「こんなあがりしてすみません」とか「くそ鳴きですみません」って一言言う子たちがいる。
その子たちにとって、彼から得たいい影響ももちろんあるとは思う。意味のない出会いなんてないから。
ただ、私は許せないだけ。

私が作りたかった場所は、真剣に楽しく麻雀が打てる場所で、それを壊す存在は敵でしかないので。
残念ながら、私は可愛い女の子って部類ではないので、点数計算もままならないのに楯突いて、まぁ指摘して喧嘩したんです。

結局、テラさんはマナーも良くなったって後に色々な人は私に言ってきたけど、今でも私は許せてないんだよね。
そんな自分の弱さが嫌になるけど、それでもやっぱり上記のように後遺症のように他人に愚弄されるのでは、批判されるのでは?って心の奥で怯えてる麻雀を打つ後輩がいる限り、私は許せないんだろうね。

ってことを、遊図のメンバーさんがテラさんの話をしてるのを聞きながら、ふと一瞬思い出した夕方でした。

ひさびさに、思い出した。

たぶん私の中の麻雀の強さの定義ってそういうことの積み重ねからきてるんです。
どんなに牌理や手牌読みが優れてても、人の気持ちを踏みにじるような、軽んじる人間は弱いと思う。
麻雀は4人でするものだから。

なーんて、実力が数字として出てない私が書くのも、残念なんですけど、私はこんなこと考えて麻雀してるんです。
昨日、野々宮さんの話を聞かせてもらって、楽しかったから、他の人の麻雀観もぜひ知りたいなって強く思ったの。
だから、ちょっとだけ、私の麻雀観も書いちゃいました。

あわよくば、色々な人との出会いと、考え方と、経験によって、私の中の私の麻雀の目標に少しでも近づければなぁって物思う午前中でした。

ではでは、さらばです。

るりねの食べ歩き その1

 食料自給率300パーセントを誇る地元からただいま、職場のある途中までの道中です。
こんにちはー!

 本日はラーメン食べてきました!
「らぁめん古屋」ってところです。
こじんまりとしたいい雰囲気の店内にて、十勝ブタの背脂を使った「ちゃちゃ醤油ラーメン」を堪能して参りました。
ここのラーメンのいいところは、細麺でかつ縮れ麺なところです。
縮れてるとスープと絡んで美味しいんだよね。
あとは、チャーシューが秀逸。
1センチはあるんじゃない?ってくらい厚いのにトロトロで柔らかくて口の中で溶けるんです。大好きです。

さっき、上にも書いたけどスープもね、美味しいんですよー!!!!
十勝ブタですから、濃厚なのにスッキリとした味わいのある醤油豚骨のスープは、飲み干さずにはいられません。
しかも、ここのスープの凄いところは濃厚なのに後味スッキリなんですよ。
普通、豚骨ってどうしても食べた後に口の中ベタつく感じがしちゃうときもあるけど、ここのスープはそれがないの。
旨味だけ口に残る感じ。

美味しいの一言です。

あっ、搭乗手続き始まったー!
ではでは、さらばです!
プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。