スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ののみやさん

 今日は、めいいっぱい猫たちと犬たちと戯れたから、もう寄り付かないでしょう。
こんばんは。昨日も中途半端な感じになりましたが、毎日書いてます。
今日は、昨年一番影響を受けた野々宮くんについて書きます。

 野々宮さんは私の後輩たちが麻雀部を立ち上げるにあたって尽力してくれた人です。
だから名前を初めて聞いたのは、2011年のこと。「超絶イケメンで、麻雀が強い」ってのはでん六くんの口癖。当時は嫉妬してましたwだって後輩たちがあまりに称賛するし、みんな私の作ったサークルから心なしか離れてく感じがして。2011年は名前を聞いた程度でした。
 そんなこんなで直接お会いしたのが2012年。麻雀部の後輩たちがね、8月の学雀連の合宿を終えてからまるっきり変わってしまったんじゃないかってくらい、打ち方に変化があったの。
 面白いよね。
たぶん色々な経験したから成長してるんだなぁって羨ましい気持ちでした。どんな雰囲気か聞いてる時も何度も名前があがる「野々宮さん」。
 気にならないはずがない。
ってことでTwitterでコンタクトをとった10月下旬。実際お会いできたのは11月初旬でした。
色々面白いことが起こり、まぁ私が車で野々宮さんを助手席に乗せて1時間ほどドライブすることになったのですが、非常に面白かったです。
彼の麻雀に対する愛と行動。情熱と勉強量に感服しました。
それと同時に自分の行動力の低さとコミュニティの狭さに絶望までは至らないけど、口惜しい思いはしました。
正直に書くと、天鳳位の方々のIDすら知らなかったので。遊図って何???って感じでした。。。
井戸の中の蛙大海を知らず、とはよくいったもので。

ということで、とりあえず身近なことからっていうので急いでTwitterで天鳳関係の方をフォローして打ち始めた次第です。
昨日書いた、「文系麻雀」を販売してた11月下旬の三田祭に行こうと決心したのも野々宮さんがいなければ
行かなかったでしょう。
「ひもの」は行動力低いので。
だから、そんな私に行動するきっかけをくれた野々宮さんに感謝してる。そして昨年影響を一番受けた人なんですって書きたかったのです。ようやく書けてよかった。

 そして明日ようやく、11月に話に聞いてからずっと行きたかった遊図に行きます。
美影プロもいらっしゃるということでとても楽しみです。無言実行でプロになった彼女はカッコいいよね。
井の中の蛙、大海を見るべくまずは井戸を登り始めます。

ただね、「井の中の蛙、大海を知らず。」ってのには続きがある。「されど空の蒼さを知る井の中の蛙、大海は知らねども花は散りこみ、月は差し込む。」って。
確かに私には知らないことも苦手なこともまだまだ多いけど、私が麻雀に出会って過ごした4年間も私にとっては愛おしくて、あわよくば「大海」の青さも「空」の蒼さも知る蛙でありたいと願ってます。
青く臭い文章ですが、多めにみて欲しいや。

ではでは、さらばです。
スポンサーサイト

「文系麻雀~デジタル麻雀がわからない人へ~」を読んでの感想

 こんばんは! ただいま猫を膝にのせながら初めてパソコンから更新してます。
というのも私のパソコンはうっかり”t,e,w”が打てないのです。
そのため、スマホで更新していたので、なかなか長文が書けなかったのです。

というわけで、母のパソコンが使える今日と明日は前から書きたかったけど、書けなかった
「文系麻雀~デジタル麻雀がわからない人へ~」の感想と昨年一番麻雀に関して影響を受けた野々宮くんの事を2日にわけて書きます。アウトプットしないとインプットできないので。
 ただ、どこまで書いてセーフなのかネット初心者に近い私なので「アウト」のときはそう言ってください。お願いします。
 ちなみにあくまで感想。批判ではないので悪しからず。

 個人的には、感想もらうの好きで、つれづれなるままに書きます。だって自分が時間をかけて作った作品は、他人にどうとらえられたか私は知りたいから、私も云うの。
自分が作った映画の感想アンケートを読む楽しみを知ってから、なるべくそう行動するように心がけてるのです。(自分たちで映画つくるサークルに入ってたの。)

 さて「文系麻雀~デジタル麻雀がわからない人へ~」は、三田祭にて麻雀研究会で販売してた小冊子です。
著者はマウスの破壊の記録を持ってるあのイケメンさんです。
構成は
「まえがき
 第一章 牌効率 第0話「牌効率とは」 第1話「牌効率の大原則」 第2話「リャンメンを作ること」 第3話「アガリの形から考える」
 第二章 基本戦略 第0話「基本戦略とは」 第1話「基本戦略」 第2話「根拠」 第3話「勝利条件から戦略を導け!」
 第三章 鳴き 第0章「鳴きの必要性」 第1話「鳴きのメリット・デメリット」 第2章「鳴きのテクニック」 第3話「クソ鳴きのススメ」 
 あとがき」
というもの。しっかりした構成ですし、名は体を表すがごとくそれぞれの話の見出しがわかりやすいです。
中身も1sなどといった表記ではなく、しっかりとした牌の画像で認識しやすい。

いやー。猫が読んでるけど無視。

 基本的に身の丈にあった麻雀論というと語弊を生むかもしれないけど、著者の自身の姿が浮かび上がる文章です。個人的には「結婚にはお金よりも愛!」って感じの例えがものすごく好き。
また同時に、とても内容が理解しやすい本当に「頭がいい人」の文章です。
後輩に読んでもらいたい冊子でした。

内容については、ネタばれになるので書きません。
でも、これだけは書かせて。
「あとがき」が秀逸です。

著者の考え方に共鳴できるからそう思うのかもですが、うっかり電車で涙がにじむんでないかというくらい気持ちが伝わる文章でした。
素敵です。

さすがに祖母に呼ばれたので行きます。
中途半端にないますが、さらばです。

回避能力と精度のあるゼンツ

 昨日は、らったったと天鳳の牌譜検討会をしました。
Skypeは無料で長時間話せていいね。

ミスの指摘と押し引き判断が主でした。
私、ダメダメでした。
もう少し考えてたくさん打つ。

月に30戦打てば、私の中で多い方なんだけど、あきれられちゃいましたー
せめて、1日2戦は打ちます>_<

「麻雀には精度のあるゼンツが大切」ってのはらったったの一言。「ただ、天鳳には回避能力も必要。」って。
うに(。・ω・。)

一年前は生まれたての小鹿だったらったった。驚くほど打って、学んで今があるのだとするなら、同じ一年を過ごした私の成長率の低さが情けないや。

まだまだモラトリアムもあるし、負けないで打ちます。

ではでは、さらばです。

メンバーの憂鬱

 昨日、飲みに行ったら本当に偶然にも近くの雀荘のメンバー2人ととなりの席に案内された。
S塚さんと砂ちゃん。
二人ともいい麻雀のメンバーさんです。
大学前の雀荘で働いてるの。

2人とも四年生だから、他のメンバーのアルバイトさんを必死に探してるみたい。
ただ、彼らの後釜だから、なかなかいい人見つからないみたい。。。
それくらい彼らはできるの。

彼らの勤める雀荘には、月に一度くらいしか私は行かないのですが、行くときはいつもワクワクしてる。
確かに先ツモも多いし、点数申告も「満貫一枚」とかな雀荘なんですが笑
楽しいし、色々教えてもらえるから( ´艸`)

今から、お勉強なのだ。
ではでは、さらばです。

 本日は、ゼミの卒業論文の発表会。聞きに行きたかったけど行けず。
残念。

今から、ちょっと飲みにいくの。
アボカドの天ぷらをつまみに、ビールかしら?
それともジントニック。

ジントニックといえば、山田詠美の小説を思い出した。
山田詠美の書く女が好き。
すっきりしてて。

サバサバではなく、すっきりって感じ。
好きです。

明日は髪を切りたい。

ではではさらばです。

石焼きビビンバの美味しいカフェ

 昨日の夕食は、カフェに行ってきました。
ちょっとね、「ゆるふわ」要素があまりに足りなすぎたのでカフェね。

石焼きビビンバ、おいしかったの( ´艸`)
写真は撮りませんので、あげれないや。
カフェとか、レストランの食事は、一緒に人を撮るとか以外で、シャッターをきる気にならないの。
写真部だったので、変なとこで意地がある( >_<)

デザートのバニラババロアのパフェが美味しかったです(*´▽`*)

また今度行きます。

ちなみに、オシャレなカフェで話す内容は「ゆるふわ」から遙か離れた内容でしたー

麻雀の話と、お互いの仕事の話。日曜日の論文の発表会の話。そしてやっぱり麻雀の話。
ちょっとだけ、恋愛の話になったけど、さらさらと流れては消えという感じ。

私の日記のタイトルに関して、彼女から指摘をもらった。
「干物女のゆるふわ麻雀日記」ならぬ、「猛獣女のがっつき麻雀日記」の方が的を得てると。

猛獣はひどいよね(´・ω・`)
確かに見た目は、綺麗とか可愛いよりも「怖い」と言われることが多いし、確かに背丈も肩幅もあるから強い感じだけどね。

確かに唐揚げとか焼き肉好きだから「肉食」ではあるけれど。

ではでは、さらばです。

脱衣麻雀の真相

今日は、先日脱衣麻雀を実践した友達とランチでした。
今、自宅でグダグダしてます。

脱衣麻雀の真相を聞いて、まぁ納得しました。

件の日は、私も誘われてた(着衣麻雀として)んですが、疲れすぎて居眠り運転になりそうだったのと、面子がすでに5人いたのと、次の日予定もあったので、遠慮させていただいたのです。
主催者の彼女としては、寂しかったようで。

彼女は基本ノーレートしか打たない主義なので、周りとの温度差もあり、また私もいないということで、突如、「脱衣麻雀しよう」って提案になったらしい。たぶん、みんな真剣に打ってなかったのじゃないかしら??じゃなきゃ、さすがの彼女もこんな提案しないと思うんだけどなー


ツモったら、ツモった人以外が一枚脱ぐ。ロンはロンされた人が脱ぐ。流局したら外野(あぶれた一人)が脱ぐ。というルール。
外野は「疲れたから休みたい」とヌルいことを言った麻雀部で鳳凰卓民のとある一人。

すっぽんぽんになったのは、もちろん外野だったらしい。

いやー、楽しそうで何よりでした。


彼女とも話してたんだけど、相手が真剣に打ってるかどうかって本当にすぐに分かるよね。
確かに実力差や経験差があるのは事実。
でも、せっかく麻雀するなら真剣に楽しくやりたいの。
どんな状況でも真剣で麻雀したいだけなんです。同じノーレートでもS塚さんとか野々宮さんみたいな鉄強な方々と打ってるときの表情と、私たちと打つときの表情が違いすぎて寂しい。
いや、私たちが強くなればいいだけなんだけどね。


見下されてるとか、軽んじられるのは、残念ながら慣れてるからこそ、後輩達にはそういう態度が見えるような麻雀はして欲しくないなぁ。

松上司も言ってた。「相手が誰であれ、自分の麻雀通せる人は強い。」って。

なんにせよ、脱衣麻雀は彼女が後輩の態度にブチキレたからやったっていう経緯が一番楽しかった。

ではでは、さらばです。

盲牌麻雀

 盲牌は好きです。親指の腹で、体感できるゲームなんて、そうそうないから。ってのは、オバカミーコからの影響。
牌が彫ってあるのは、盲牌推奨してるから…だよね??

 セットで暇な時間は盲牌麻雀します。「暇な」ってのは、一人が長電話の必要があるときとか、4人揃わなくなる少しの時間のことです。

 配牌は四枚。頭一つと面子一つを早く作った人があがれます。ツモった牌も、配牌も全て盲牌でしか確認できません。
三人か、二人でやるので河が18枚になるまでつもります。
ちなみに暇な時間がたくさんあるときは、全員一万点持ちで一役千点計算でやります。つまり、リーチホンイチ→二千点です。
チョンボ(盲牌なので多い)は千点オール。
誰かがとぶまで、もしくは抜けてた一人が帰ってきたら終了です。


ちなみに、私は盲牌好きですが、精度は低いです。
だめだめですね(。・ω・。)

暇なときにやってみてください。
ちなみに本家?元ネタはオバカミーコです。一万点持ちルールは、今夜は役牌バックくんが考えてくれましたー。

うぬぬ。
こんなこと書いてたら麻雀したくなってきたけど、お仕事いってきます。

お腹がすいて力がでないけど( >_<)

ではでは、さらばです

年相応

おはようございます!

昨日は、研修にいってきましたー(*・ω・)ノ
研修の前に妹に会って一言言われちゃいました…
「年相応に行動しなさいね」って(._.)
いや、確かに日記に…文字媒体で「にゃー」は、アウトでしたね。。。
ごめんにゃさい。


研修で同期に会って嬉しかったー!!
ってことで仕事後の夜、飲みにいってきました(*´▽`*)
宅飲みでしたけど。。。

みんな、大変だね。
私は、常にノー天気なんですけどね。
天鳳で河と聴牌気配を読み取れないのが、最近の一番の悩みです。
同期に話したら、笑われちゃた(。・ω・。)

残念。

ではでは、さらばです。

テストとレポート

 中学生は私立受験。高校生はセンター終わってドキドキ。そして、大学生はテストにレポートの時期ですね。

 中学生に関しては、昨年から一切関わってないから実感わかないや。
それとなく四年間、集団の塾の先生やってたので、今年受験する子たちなんかはまるまる二年間教えてたのにね。
関係がなくなると、興味がなくなる薄情な干物女です。
ちゃんと名前と顔は覚えてるんだけどね。


ただいま、ネパールのビールを飲ませてもらいました!
濃いね。美味しいね。
ああ、飲みに行きたいな。


本日は、腹痛のニコバンくんと電話しながら天鳳の観戦してました。
鳳凰卓。
彼も七段になり、鳳凰卓で打つようになってからか、一打一打の説明が面白くて為になりました。

彼もそうだけど、麻雀部のみんなが変わったなぁって強く思うのは、学雀連主催の麻雀合宿後から。鳳凰卓で打てる部員も増えたのも、それ以降だよね。
戦慄が走るくらい打ち方変わってたから、私は驚きましたー。

多くの人に出会えば、それだけ影響受けるのは常。

私も牛歩ながらも、成長していくもん(*・ω・)

とりあえず1月は、地元へGo(●´∀`●)
2月は憧れの雀荘に遊びに行くの!


ではでは、さらばです。

おこたに引きこもる(麻雀大会の回顧)

こんにちはー
今日は、お休みなのでおこたと共に過ごしてます。
うにゃらー、へにゃらーって感じにダルダルしてます。

パソコン整理してたら、自分と友達がサークルに宛てたコメントや資料を発見した。
副会長の私は、主にサークルの麻雀大会の企画してたから、その資料が大半。
会長の友達が「52人ババ抜き」を始めとする、新入生獲得のための活動や、サークル室の獲得に至る資料。

懐かしくて、テンションあがった(*´▽`*)
テンション高いし、時間があるので、つれづれと過去の話を書きます。


卒業してから、サークルの方にもちょくちょく顔出してるけど、麻雀大会やリーグをちゃんと伝統として残してくれて嬉しい限りです。

ちなみに大会っていっても、大学内だけでやる奴だから、小規模運営なものでした。
第一回は、他のサークルとの交流大会。野球サークルは、野球のユニフォーム。オタクサークルは、コスプレとかして、8サークル対抗戦。
第二回、第三回、第四回は後輩に運営してもらい、私が一番頑張ったのは第五回の麻雀大会。64人16チームのもの。

一チーム大将、副将、次鋒、先鋒の4人。抽選で決まった四ブロック(春夏秋冬って名前で分けた)から4人の合計点が高いところのチーム四組で決勝。

今、資料みて驚いたのは64人も当時サークルにいたってこと。

あと、鮮明に覚えてるのは、私の好みというだけで「女の子はコスプレ、またはスカート、それか浴衣」縛りにしたところ。
もちろん私も「役満あがれそうなスカート」を着てたのを覚えてる。

大会の目的は二つ。一つ目は「新入生が上級生と仲良くなること」。二つ目は「新入生の麻雀慣れ」。
一つ目は、わざと大将副将を上級生にして、次鋒、先鋒を新入生にしたので、上手くいった。作戦たてたりするのに、集まるから。
二つ目も、大将副将が自分のチーム強化するために何度もセットで打ってたりしてたから、思惑通りだった。

楽しかったの。私は、今でも参加してた子たちの顔も名前も覚えてる。
みんな、大切な後輩です。


だから、正直いうと

麻雀部が設立したとき寂しかったのも確かなのです。

エゴですが。できれば、私のサークルで麻雀を広めて欲しかったから。確かに他のボードゲームも遊ぶサークルだけど。
私のサークルで出会って、意気投合した子たちの多くで構成された部活。
サークルの設立した本人からしたら、胸が張り裂けてしまいそうな衝撃でした。今は、そんなことないけどねー。
でも、私はあくまで麻雀部ではないことを急に主張したかったの。
夢に「麻雀界」って雑誌がでてきたからかも。
私の作ったサークルとは縁遠いやーって強く思ったから。
でもでも、麻雀部の子たちも超好きだから複雑だよねー



昨日ね、上記の大会で新入生で副将以上だと思ってた、まぁ麻雀部の部長とご飯食べてたんだけど、結局麻雀に対するスタンスが違ってるんだよねーってことをそれとなくお互い再認識したの。

Twitterでもね、「ノーレートで麻雀して何が楽しいの」みたいな話もチラリと見たけど、結局「みんな違ってみんないい」ってことなんだよね。
うにゅー、私は自分の先輩達にそういう怖い人が多かったから、だから自分の麻雀できる場所=サークルを作ったけど、それができるのはあくまで小さな枠組みの中(大学)にいたからで、もし、麻雀を広めるならば、日常の世界に広めるなら、どれだけの時間と労力が必要なのか、末恐ろしいです。
ぼっけぇきょうてい?ってニュアンス。

ダラダラ書いたけど、結論は…

私は、ギャンブルではなく、麻雀がしたいんです。


ではでは、さらばです。

新しいチーク

こんばんはー

新しいチーク買っちゃいましたー!!
資生堂の新商品(●´∀`●)
塗りやすいし、ポーチに入れやすいの。

お気に入りです。

レフィルも発売予定だからお得。

オススメです。

にゃー、カタンしたい。

ではでは、さらばです。

空切り指摘

こんばんはー

1月15日に、打ったセットの戦績です。

パンダ二号店にて
面子→役牌バック、もんちゃん(フリー通いの大学生)、スライムくん(麻雀部期待の一年)、おはぎくん(私のサークルの後輩)
5人なので後ろ見したい人が抜け番。
ルールは雀荘ブラックの ルール(9種9牌、四風連打親流れ)
5-10-20 鳴き祝儀 チップ+2換算

るりねは2-1-2-1の+39でしたー。
役牌バックくんに後ろ見してもらい、変な打牌をチェックしてもらいました!
空切りの仕方とかの指摘も、牌効率も為になりました(●´∀`●)
例えば、七巡目で発ドラ1(発は1順目で対面から鳴き)の3-6萬待ち聴牌してるときに、八順目で出来面子の7ソウは空切りしてもいい。でも、上家が9ソウを捨てた後に8ソウ空切りはセンスゼロ。ソウズの出来面子バレバレだよーって指摘されました。確かに出だしで間隔あけて7→8切るのは変だよね。。。

まだまだ当たり前のことができないんだなぁって痛感したセットでした。

教えてもらえて嬉しい限りです。

今日は1人で麻雀してました。
天鳳です。麻雀は4人でするものだけど、天鳳は別。
どうしても顔が見えないから、1人で戦ってる気がしちゃう。
良くないんだって分かってても、この感覚が抜けなくて困ってる。

感覚を整えつつも2月10日までに、打って打って、もっといい麻雀打てるようにします。

ではでは、さらばです。

着衣麻雀

昨日、着衣麻雀なるものに誘われた私です。ルールは分からないけど、相手の提示するルールで基本打つので、会場に行ってから聞こうっておもってたんです。

結論から書くと、麻雀にはいきませんでしたー

あまりに仕事で疲れすぎたので。
さすがに普通に仕事した後に車一時間運転して、麻雀は昨日の私には無理でした。
夏なら体力あるから、行けるけど。冬は冬眠するんじゃないかってくらい動けないので。

実際、麻雀はしたかったけど。
特に同期のYちゃんと打ちたかった。

Yちゃんは、私と出会ったときから私以上に麻雀好きな女の子です。

同じゼミだったので、話の内容も似てますが、一番似てるのは「強引」なとこだと思ってます。
夜中の24時から麻雀なんて常です。

だから好きなんですけどね。

今回はそれでも居眠り運転の危機があったので、お断りしちゃいました。

さっき、それとなく後輩の1人にどんな結果になってたのか聞いたら、衝撃的な結末を迎えてたらしい。

着衣ではなく、やはり脱衣だった。。。

さすがにね、リアル脱衣はダメですよ。
男性脱がしても面白くないじゃないですか。
そこは、コリラックマとかのコスプレさせた方が私得ですよ。

ではでは、さらばです。

上手な麻雀の誘いの断り方

どなたか、上手な麻雀の断り方を知りませんか??
ってことで、麻雀部見学中に松上司からメール。「今、雀荘にいます。」
この一文だけってのずるいよね。
どう返信すればいいのやら。
いや、打ちたいんだよ!!私としては120パーセント。でも、私は先に約束した方を優先させたいのです。
タイミング。
大抵メールくるときは、すでにセットできる面子がいちゃいます。

返信の仕方が思いつかなかったので、そこの雀荘でセットしてきましたー
挨拶だけ!上司には挨拶きちんとしてきたかったので。私のたんなるワガママだけで、麻雀する場所を決めた。許してくれた友達に後輩たちに感謝!

パンダ1号店。
マナー重視の女店主さんが始めたフリー雀荘。5-5-10。女性場代半額。
私と松上司がうっかり出会った場所です。

夏のある日私がフリーで打ってて対面にいた人。それが松上司。上司だなんて知らずに楽しく麻雀した、その次の日会社でバッタリ会っちゃったんですよ。
うあああああ、なんでここにいるんですかーーーって感じ。
衝撃的な出会い。マンガみたいだよね。

ってことで、きちんと挨拶してから、セットしましたー
S塚くん、腹痛のニコバン、今夜は役牌バックくん、そして同期のYちゃん。

ルールは、基本雀荘パンダルールの0-5-10、鳴き祝儀のチップ一枚2000点換算。2家が抜け番。
私は途中で、松上司の後ろ見しにいったので、少ししか打てずに+1でしたー。
うにゃー、楽しかったけど東2のS塚くんの親連チャンをもっと早く止められなかったのが残念。

なんにせよ、短時間でセットでも楽しかったから良し。
松上司にも挨拶できたからなお良し。

なんか、ダラダラ書いちゃたけど、今日の更新終わりー。
無事に一週間更新できてる奇跡。
あの干物でめんどくさがりな私なのに。
役牌バックくんと後輩との一戦はまた明日に書きます。
ただ今夜、着衣麻雀なるものに誘われてるからどうなることやら予測はつかないけど。
私より強い女性、Yちゃんのことだからたぶん満貫ふったらコスプレとかかしら?
それとも我慢比べ並に着込む麻雀なのかしら?
面白い麻雀が打てれば何よりです。

ではでは、さらばです。

麻雀部

更新してない!って気がついた東三局。

こんばんはー。
只今、同期の友達と麻雀部に見学組です。
同期の友達と麻雀面子探しのためにってのは、本心ですが、年始の挨拶かねて、遊びにきてます。

S塚さんがいます。
S塚さんは、麻雀部の中でもメンバーさんやってて、天鳳やってない珍しい方。
彼はイケメンです。
本当にイケメン。

何より、私が出会った人の中で彼ほど打牌が美しい男はいません。
素敵です。べた褒めです。すみません。


彼曰く、麻雀の強さは打牌速度と捨て方で分かることが多いらしい。
メンバーやって三年?らしいけど、私とは比べものにならないくらい打って打ってきたんだろうなぁって思って、尊敬してます。

牌の切り方、彼の打牌に似せたいんだけど、なかなか難しくて。
それでも、昨年よりはきちんと打ててる気はする。

「ぺひょ」って音じゃなく、「タン」という乾いた音が美しいよね。

にゅー。
打牌より牌効率さっさとできるようにしろーって後輩に指摘されまくる私ですが、今年もよろしくお願いします、麻雀部の皆さん。

ってことで、さらばです。

カレー

昨日はカレー!!…を作ろうとして結局作れなかった干物女が私です。
こんにちはー
早寝しちゃて今更新。

ってことで、脈絡もないですが、2011年に出会った人を回顧しながらドライブしてたので、簡単に綴ります。
麻雀で影響を受けたのは5人です。

ひろやんに、ならたん。S塚くんに、松上司に、そして野々宮氏です。

ひろやんに、ならたんは麻雀部に四月から入った子たち。出会ったときは彼らは天鳳六段で。大学に自動雀卓置いちゃってるっていう面白いことやってる人たちで、刺激的でした。
九十九里への麻雀旅行に誘ってくれたいい子たち。

S塚くんは麻雀部立ち上げ時からいる人。私が作ったサークル出身ではない、麻雀部の人。
メンバーさんやってて、とにかくイケメン。
潔く負ける。麻雀負けた姿がカッコいい人の一人。
それだけ、潔く自分の負けを認められるくらい打牌効率も正確で、速度も誰より早い強い人。
彼からは、牌の切り方を教えてもらった。

松上司と、野々宮氏は簡単に書けないくらい影響受けたから、(出会い方もネタになるので)また今度書きまする。

とにもかくにも、出会いってのは好きです。出会える自分の運も好きです。

ってことで、とりあえず今日も役牌バックくんと近代麻雀片手にセット打つ人待ってます。彼が誘った後輩がどんな人か楽しみにして。

ではでは、さらばです。

肉食系女子っぽい麻雀

「手牌の軽さはイコール美しさであり、強さである」って言葉をたまたま目にした午前10時。荒プロの本の文の一つ。
アイロンかけよーって思ったら、たまたま本が裏返しに落ちてて。
目にしたんだけど、素敵な言葉だよね。

ってことで、夜は大人しくお風呂に浸かりながら読書しよーって思ったら、Twitterで今日が誕生日な方を発見した午後6時。
おめでたいので、その方のつぶやき通り天鳳の若葉デビューしました。

4、3でした。
にゃ、鉄雑魚。
かなり押しました。ガンガン攻める。
攻めるならリーチしなよーって手や、おりてるなら出しちゃダメだろ9ピン!!など、つっこみ所満載の二局でした。
朝、早いから二局でもうおしまい。

ちょっと肉食系女子になってました。
干物女は干物らしくいい感じに鳴いて、おりて、たまにてへぺろ満貫です。っていうゆるふわ麻雀打てるように頑張ります。

明日は早く帰宅して、見直して鬱になって、それから段位戦。
あと、夕食はカレーにしよう。

ではでは、さらばです。

戦績

 三日坊主にならなくて良かったです。今日もマイペースに更新してます。

今日は、本来のゆるふわ麻雀日記を書くきっかけってか、本来の目的?…私の中の最大アウトプットです。

大晦日からのセットの戦績を書きます。
正直、絶望しかない(*・ω・)ノ☆

でも、見つめ直さないと成長できないので、ちゃんと正直に書きます。
ちなみに、これ書く前に土田先生の近代麻雀のコラム読んで勇気もらったから、きちんと書ききれる気がするっ!
長文ですし、生産性も低いかもですが、お付き合いください。

12月31日20時ー1月1日1時
セットにて
面子→ドラちゃん、役牌バックくん、しょうこまま
5-10-20 鳴き祝儀 
るりね 0-3-1-6 -229 (チップも点数化すると-234)

反省→鳴きがヘタでした。圧倒的にきちんと鳴けてたバックくんや、しょうこままに追いつけないで後手後手になる。
以前鳳凰卓民のらったったに教えてもらったことを(鳴いて早安あがり→他家の高得点あがり阻止)について教えてもらったので、後々役つけも考えて打つ→守備力低下。(p_-)

1月1日20時ー1月2日3時
セットにて
面子→同上
ルールも同じ
るりね 2-2-5-4 -154 (チップ合算-144)

反省→今夜は役牌バックちゃんの勢いをとめられなかった。なんとか親を流そうとしても、他家も同じように考えてからか場が早くなる→親がツモる…を繰り返してた印象しかない。差し込む勢いのゼンツ→隠れドラ1とかで3900が痛い日でした。

1月2日21時ー1月3日2時
セットにて
面子→しょうこまま、ドラちゃん、ひるさん(役牌バックくん見学組)
5-10-20 鳴き祝儀 
るりね 0-0-1-3 -155 (チップ合算-175)

反省→もうここまで書いててわかると思う。ついてなかったです。…その言葉で片付けちゃ、ダメだね。
でも早順リーチ打ってもダメ。
鳴き満貫は流され、あげくにリーチ後ふるふるふる。チワワのごとく震えるくらい掴んだ気がする。
ダイソンのごとき衰えない当たり牌の吸引力。

以上が年女最初の三日間。
うーん。
情けないねっ(・_・、)

あと、今月はもう2つセット打ってるや。でも一つ記録見つからないー。
とりあえずあと一つの記録。
1月8日23時ー1月9日5時
セットにて
面子→役牌バックくん、タナトス、スライムくん
3-10-20 鳴き祝儀
るりね 1-3-1-0 +56 (チップ合算+38)

反省→今回は聴牌とるの早くできた!スライムくんが若干押してて、役牌バックくんが引いてってのであがり目がでたのかも。
あとは打つ前に役牌バックくんの後ろ見を二時間してたから、押し引きのリズムを見直せた感がある。


いずれにせよ、最近の私は押しすぎだと思うので改めます。
早順リーチできる手牌でも、ダマテン有利もあっただろうし、鳴きで短くしすぎてた感がある。
ゆるふわと、柔らかい麻雀打てるように精進します。

にゃー、笑顔で負け顔になれないことが一番の反省点ってのは秘密。
砂もぐもぐして、本読んで、フリーで店長さんとおしゃべりして、頑張るもん( >_<)

ではでは、さらばです。

私の麻雀のルール説明方法

こんばんは。
今日は、Twitterでどうやったら麻雀できる女子大生が増えるのかって感じのつぶやきを見かけたので、自分の作ったサークルの活動を回顧しました。

私のいた大学には、麻雀を主とするサークル・部活は2つあります。
一つは私とその友人が作ったサークル。
もう一つは、後輩達が作った部活。

何が違うかってのは、私個人の意見では麻雀に対する考え方。
サークルでは麻雀を「コミュニケーションツール」の一つとしてとらえてたのです。

ってことで、約70人くらい?いるサークルですが、現役女子大生が7人、OG2人は麻雀できる。

強いかどうかはまた別として、仲良く麻雀してます。

麻雀できる女の子が増えて欲しいってのは私も思う。
普及していって欲しいから。


話は変わるけど、現役の子たちの大半は私が最初の麻雀のルールは教えた。麻雀は教えてないけどね。

私がルール教えた子たちには、必ずいう言葉がある。
「好きなものきっていいよー♪」って言葉。

どうしても教えるとなると、「これきるとリャンメン待ちになりやすいからオススメ」とか、「こっちをきるとタンヤオになってくよー」とか役意識・牌効率意識で発言しちゃいたくなる。だけど、それだと初心者の方は情報量が多くなっちゃうんだよね。
ってか、リャンメンとかタンヤオとか外国の言葉ですかー???ってなるらしい。

だから、まずは好きなものきってもらって、あとから「実はね、こうきると2でも5でも8でも完成できるんだよー」とかいって教えてくのが私は好きです。 
「選択の科学」って本だったか、忘れてしまったけど人にとって自分で選択するということの価値は計り知れないそうです。

ちなみに一局に三時間はかかります。
根気です。
教えてる最中はとにかく教える側同士で麻雀用語を使わない。あるあるネタとか話したくなるけど、それ話しちゃうと初心者の方に疎外感与えるから控えます。

「まずはリーチ」→「タンヤオであがってみよー!ポンとかチーとかで集めてみよう。」とか段階で教えるのもいいです。

一番は、楽しんでもらうこと。
楽しくないと覚えられないから。
私は、最初のルールを教えるけど、あとは半分放任主義(携帯アプリとかサークルの子たちに「彼女ルール覚えてきたよー」とか言ってたくさんの人と打ってもらう)から、1カ月後とか一年後にどんな風になってるか楽しみなところもある。
もちろん麻雀やらなくなった子もいる。辞めた子もいる。水が合わない子もいるから、仕方がないや。

それでも、「麻雀好き!」って言ってくれる後輩達を私は好きです。

でも、教えるのはいいとして、やっぱり最初の難関は「どうやったら入部してくれるのか」だから、大変だよね。
イケメンがチラシ配るか、女の子がチラシ配るか、はたまた違う餌で釣るのか。
少なくとも私は自分が声かけた女の子の獲得率は良かったから、女性が声かけるのを推します。

真夜中のお茶会

「はろー」ってのは、電話での挨拶。
ってことで、深夜からのお茶会してきました、るりねです。
たぶん、彼女の本音は麻雀したいってのが八割でしたが、私にも麻雀できない日があるので、お茶会になりました。

今日は、良い話を聞きました。
私が作ったレジュメを使って、授業が行われたらしいです。
「今をいきる」って映画の分析。

以下、ネタバレありますので、「今をいきる」って映画観てない方は気をつけてください。

ニールが父親に"Nothing."って言うシーンがあるんだけど、その言葉が"I'm nothing."って意味なのか、"There is nothing to say."っていう意味なのかってのが、私が二年前にプレゼンしたときの論点。私は後者で解釈してて、ニールが「今をいきることができない」つまり自分らしくいきることができないと悟ったから自殺したのだと考えてる。ただ、前者でとるならば、自分らしくいようとしたがために自殺したことになる。
私がプレゼンした授業でも、今回ゼミの先生が私のレジュメを使って行った授業でも、答えはでなかった(ださなかった?)

私はホイットマンの詩が苦手(情熱的で読めない)から、途中で分析なげちゃったけど、たぶん全て分析できたら面白かったんだろうなぁ。

なんて、ぼんやり考えてました。
いずれにせよ、恩師が自分の作った資料を使って授業してくれるのは嬉しい。


ちなみに彼女との会話の大半は、この話が10分くらいであとは最近の近況と麻雀の強さとレートに対する接し方って感じです。

あと、車線変更の話かな?

今度は、麻雀しよう。
お互いに無口に麻雀したいねってことで合意。
仲が悪いとかでなく、牌をツモり捨てる動作だけに集中したいの。
ワガママかも?

ではでは、さらばです。

にゃんこ

「にゃんこ」と「ネコ」なら、前者の方が好み。
この子の名前はマイケル。るりねではない。マイケルって名前は漫画からきてるの。
にゃんこがとぼけた顔で踊る漫画。

今度、古本屋で探して、ちゃんと漫画のタイトル思い出したら、また書きます。

ではでは、さらばです。

ねむねむ

ねむねむなの。
今年は日記感覚でブログ書こうって思って早10日。
やっと行動したー

パソコンのrとtが打てなくなって早2ヶ月。
ダメだね、先延ばし癖。

これからは、ちょっとずつ文章書いて、ちょっとずつ思考力戻していこうと思います。

さらばです。
プロフィール

くろべー

Author:くろべー
平成生まれの麻雀好きです(*´▽`*)
ゆったりらくらくに文章綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリ
フリーエリ
良かったら踏んでください
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。